安価なギターを愛用したギタリスト列伝!

Pocket

ロックとは、大衆の音楽(ポピュラー・ミュージック)です。高いギターだけでなく、安価なギターを使用しているギタリストも多くいます。今回は、その中からチープなギターを使っていたロック・ギタリストを紹介していきます。

ムスタングと100万ドルプレーヤー

出典 https://zimtrim.tumblr.com/ ジョニー・ウィンターとムスタング

ジョニー・ウィンターといえば、泣く子も黙る「100万ドルプレーヤー」という異名を持つギタリストです。ジョニーの愛器として有名なのが、ギブソン・ファイヤーバードです。しかし、1969年にレコード会社と契約したときには、フェンダー・ムスタングを愛用していました。

100万ドルで契約したのに、なぜに安価なムスタング?という疑問があります。ジョニー・ウィンターにとって理想のトーンは、フェンダー・ストラトキャスターなのですが、ストラトはロングスケールでテンションの高いギターでした。

スチューデント(初心者用)ギターとして、ショートスケールのムスタングなら、ジョニーにとって、ちょうどいいテンション感だったというわけです。ストラトのテンションの高さにスムーズにチョーキングが出来なかったと後にジョニー本人が語っています。

ファイアーバードは、ギブソンの典型的なミディアムスケールでしたし、ミニハムのおかげでフェンダーとギブソンの中間のようなトーンでした。ムスタングを使っていたのは、おそらく1年程度でしょうが、よくデュオソニックと間違われます(実は筆者も勘違いしていました)。

というのもムスタングには、ダイナミックトレモロという、ストラトのシンクロナイズドトレモロの簡素なバージョンが取り付けられているのですが、構造上チューニングが狂うことが多かったのです。ムスタング(暴れ馬)のネーミングはここからきています。

ジョニーは、このトレモロ機構を潔くとっぱらい、ぱっと見デュオソニックのような見た目のギターを弾いていたわけです。本人の証言によると、1969年製のムスタングのようなので、前回のパティ・スミスの記事は、ここで訂正します。

チャーとムスタング

出典 https://www.zicca.net/ チャーとシグネイチャー・ムスタング

ムスタングといえば、日本の名ギタリスト、Charです。ぶっちゃけ、日本のムスタング人気は、チャーの使用のおかげです。チャーは、基本的にストラトも使っていますが、代表曲”SMOKY“のイメージはムスタングなのです。

スモーキーのマイナー9thは、ムスタングのようなショートスケールのギターでなければ思いつかなかったと、チャー本人が語っています(ギターマガジン参照)。

チャーが、ムスタングを購入したいきさつは、メインで使っていたストラトが盗まれ、安価なギターとして米軍基地のバザーに出ていたムスタングを買ったからということです。


1970年代当時はあまりムスタングを使っているミュージシャンもいなかったし、フェンダーといえば、ストラト、テレキャスのイメージでした。しかし、チャーがムスタングを愛用し始めると、日本全国のギターキッズは、ムスタングを求めました。

この熱意に応えて、フェンダー・ジャパンでは1980年代にムスタングを生産しました。安価でこぶりで軽い日本製のムスタングは、カート・コバーンが愛用していたことでも知られます。

エピフォン・ジャパンとノエル・ギャラガー

出典 https://store.ishibashi.co.jp/ エピフォンのノエル・ギャラガー・シグネイチャーモデル スーパーノヴァ

フェンダー系のギターばかり紹介してしまったので、ギブソン系の安価なギターも紹介します。エピフォンは、1957年にギブソン社に買収されてから、ギブソンのギターも製造し続けました。

有名なのが、ビートルズが使用したエピフォン・カジノなどですが、1960年代は、ギブソンのカラマズー工場で生産されていたことから、製品の質も高く、ギブソン本家に負けないクオリティがありました。

1970年代には、日本の工場に生産を移転し、1982年頃にはアジア諸国でも生産開始されました。そして、ギブソンの安価な下位ブランドとして、エピフォンが扱われたのもこの頃からです。

ギブソンのギターは当時、SGでも10万円以上、レスポール・スタンダードは20万円という価格でした。エピフォン・ジャパンのギターは、5~8万円で購入でき、且つ質も高かったのです。

そして、1990年代にオアシスがデビューし、リードギタリストのノエル・ギャラガーが、エピフォン・ジャパンのリビエラを使っていました。ノエルのリビエラはセミアコ構造のリビエラのオリジナルは、ミニハムのため、エピフォン・ジャパンの復刻版の2ハム仕様だと思われます。

ノエルは、他にエピフォン・ジャパンのレスポールやシェラトン、シグネイチャーモデルのスーパーノヴァなどを使っています。最近ではギブソンを使うことが増えていますが、デビュー当時はエピフォンのイメージの強いギタリストでした。

スチューデントモデルの特徴と生産国によるコスト削減

筆者のギブソン レスポールJr.

ギターの生産コストを下げるためには、単純に考えて2通りの方法があります。1つ目は、フェンダーやギブソンがスチューデントモデルでやっている、設計段階でのコスト削減のための努力です。

今回紹介したムスタングの場合、ボディ材を安価なポプラにして小ぶりにし、ショートスケールによるネック材の全長を短くすることで、材を切り詰めます。次に、ストラトのシンクロナイズドトレモロよりも、パーツ点数の少ないダイナミックトレモロを採用し、ボディのコンター加工を減らします。

ギブソンの場合、レスポールJr.でやっているパーツ点数の削減とアーチトップ加工を無くすというやり方など、試みは様々です。

2つ目は、生産国を変えることによる人件費の削減です。エピフォン・ジャパンの場合、7~80年代は日本で生産することで、人件費を抑えることができたのです。フェンダーが、メキシコに工場を作り、フェンダー・メキシコとしてコストを削減している例があります。

2年前に購入したギブソン・レスポールJr.が思った以上にしっくりきていて、最近ではメインのヘリテイジと同じくらいの比率で弾いています。ロックにとって裾野を広げることも大切なので、これからも安価で入手しやすいギターは生産され続けることでしょう。

ギターの関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください