航空機」カテゴリーアーカイブ

航空機に関するカテゴリーです。

F-35ライトニングII:各タイプの解説と日本の防衛について

F-35ライトニングIIは、アメリカの開発したマルチロール機(多用途戦闘機)ロッキード・マーティン社が中心となって製造しています。ステルス機としての能力であるRCSはF-22Aとほぼ同程度で、見えない距離からの攻撃能力に優れ、3つのタイプを共通の機種で用途毎に用意するなど、画期的な第5世代機です。 続きを読む

Su-57:最強のF-22に迫る実力の第5世代戦闘機

ロシアの最新鋭第5世代戦闘機Su-57T-50としての試験が終了しつつあり、量産が開始されはじめています。区分的には、マルチロール機(多用途戦闘機)になりますが、制空権を獲得するための空戦能力の高い機体であり、米軍最強のF-22ラプターに迫る実力のステルス機です。 続きを読む

F/A18E/F スーパーホーネット:アメリカ海軍の主力マルチロール機

アメリカ海軍は、現在新型の艦載機F-35Cの配備が遅れています。主力機として運用しているのが、F/A18E/Fスーパーホーネットになります。実は、航空自衛隊がF-Xで選定しているときに候補に上がった機体の一つで、4.5世代機に相当します。 続きを読む

F-16の増槽落下事故は氷山の一角?疲弊したアメリカ軍の規律の緩みとは?

青森県、三沢基地所属のF-16戦闘機が、増槽(ドロップタンク)を青森県小川原湖に2本投棄したというニュースが、20日に流れました。機体下部の胴体付近のパイロン(増槽やミサイルのための支柱のこと)に2本装備されている燃料タンクは、F-16の主翼下部にあります。 続きを読む