Rosefray バイクカバー:CRF250Lと3L〜4Lサイズの大きさについて

Pocket

NC750Sの頃から使っていた大阪繊維資材のバイクカバーに穴が空いていたので、新しいバイクカバーを購入しました。Rosefray バイクカバー3L〜4Lサイズは、適合表を見るとホンダ CRF250Lに丁度いいサイズです。実際に使ってみたことで気づいたことなどをレビューしていきます。

目次 この記事の内容

  • バイクカバーは消耗品?
  • Rosefray 3L〜4Lのレビュー
  • オフ車の場合5L〜6Lサイズがオススメ!

バイクカバーは消耗品?

破れてしまったOSSのバイクカバー

筆者(tkd69)の経験上、外で紫外線や風雨から愛車を守ってくれるバイクカバーの耐久性は、もって2〜3年くらいです。ぶっちゃけ、バイクカバーは消耗品だと考えています。

昔、一度だけ盗難防止のために黒いバイクカバーを使ったことがあるのですが、直射日光のきつい家の駐輪場では、2年くらいで上部が白くなっていき、最後はシートのところが破れました。

2年で破れるものに高級なものはもったいないので、消耗品と割り切って、大阪繊維資材(OSS)の銀色のバイクカバーをNC750Sに乗っていた2年前に購入しました。バイクカバーは、盗難防止やバイクを風雨から守るものです。必需品なので、破れたら新しいものを用意する必要があります。

OSSカバーの記事はこちら

それから、ホンダ CRF250Lに乗り換えてからもそのままOSSの5L〜6Lサイズのカバーを使用していたのですが、バックルに近いところが破れ始め、とうとうミラーの部分が完全に裂けてしまったのです。

そこで、アマゾンで目ぼしいバイクカバーを探していたら、たまたまタイムセールで2,039円で安く売られていたRosefrayのバイクカバー 3L〜4Lサイズが良さそうだったので購入しました。

決めては、厚手ということと、値段の安さ、適合表にCRF250Lのサイズが明記されていたことでした。ぶっちゃけ2〜3年はもって欲しいので、近所の猫にはバイクカバーを破かないように頼んでおきます(笑)。

しかし、注文した夜に同じカバーを使っている兄が薄いカバーだったと言っていたのが気になりました。

Rosefray 3L〜4Lのレビュー

ジッパー付きのちゃんとした袋に入っている

アマゾンプライムの配送は、とても早く到着します。前日の晩に注文した翌日の夜に到着しました。ありがたいのですが、配送の大変さをバイトなどで経験しているので、無理にここまで頑張らなくていいのに・・・、と思ってしまいます。僕がアマプラに加入している理由は、見逃した番組や映画、アニメなどが観られるからです。

OSSバイクカバー5L〜6Lサイズは少し大きいがタイヤまでしっかりかかっている

段ボールの中に入っていた新しいRosefrayのカバーには、丁度いい大きさのジッパー付き袋に入っていました。ここは、かなりポイント高いです。というのも、結露などでバイクが濡れるキャンプツーリングなどでは、必ずバイクカバーをかけるようにしているからです。濡れたカバーを収納できる袋があれば、キャンプの時に便利です。

Rosefray 3L〜4Lサイズは、左から見るとタイヤが少し出てしまっている

Rosefrayのカバーは、ちゃんと前後でわかるように前のロックなどを通す穴がレッド、後ろの穴がオレンジと分けられています。カバーの下部は、ゴムが入っており、かけてからある程度の固定ができるようになっています。風対策の中央下部のベルトは、両側が外れるので左右どちらからでもロック可能です。


少し残念だったのはカバーの厚さで、OSSとあまり変わらなかったことです。ある程度の耐熱性のある素材を使っているとのことですが、マフラーやエンジンが熱い時には、かけない方が良さそうな感じがします。

オフ車の場合5L〜6Lサイズがオススメ!

後ろから見ると駐輪場の地面が、左に傾斜しているため右側のブレーキディスクとタイヤが完全に露出している

適合表には、CRF250Lもセロー250も3L〜4Lサイズとなっていました。確かに、5L〜6Lサイズでは、OSSのカバーように少しダブつくくらいの大きさでしょう。しかし、右側のタイヤやブレーキディスクは完全に覆ってくれるので、タイヤまで覆って欲しい場合は、間違いなく5L〜6Lサイズの方がいいです。

やはり、タイヤのゴムの保護のことを考えれば、少し大きめでも5L〜6Lサイズの方が、オフ車の場合はオススメです(涙)。ただ、見た目は丁度いいので、3L〜4Lサイズの方がいいという意見もあると思います。また、直射日光が当たりにくいタイヤの下の方なので、そこまで気にはなりません。

適合表は、あくまで目安なのでOSSカバーの時のサイズを考慮して、大きめのサイズを買っておくべきでした。まあ、2,000円くらいのものですし、そこまで目くじら立てるほどのことではありませんが、適合表の表記はオフ車の場合、5L〜6Lにすべきだと思いました。

バイク用品の関連記事はこちら

1 thought on “Rosefray バイクカバー:CRF250Lと3L〜4Lサイズの大きさについて

  1. ピンバック: ホンダ CRF250Lの積載:コミネ SA-214タンクバッグレビュー | K.T Dogear+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください