ホンダCB650FとCB650R、CBR650Rの見積もり

Pocket

先日、試走したホンダ CBR650Rがとてもいいバイクだったので、現在乗っているCRF250Lから乗り換えが可能なのか、ホンダドリームで見積もりを出してもらいました。CB650Fの新古車と、CB650Rの新車、CBR650Rの簡単な見積もりです。

目次 この記事の内容

  • 思った以上にスポーツしていたCBR650R
  • CB650Fの新古車
  • 3車種の見積もりの比較
  • 結局1年後に持ち越し

思った以上にスポーツしていたCBR650R

試乗したCBR650R

先日の愛車のCRF250Lの2年点検の際に試乗したホンダ CBR650Rが素晴らしかったです。650ccの水冷直列4気筒は、高回転まで滑らかに吹け上がり、軽快なハンドリングと、強力なブレーキ、少し前傾の攻めたポジションと非の打ちどころのない素晴らしいバイクでした。

ここ最近の新型コロナウィルスの件で、オフロードを走りに行っていないこともあり、ホンダドリームで新車を買った場合の買取保証の2年総走行距離1万km以内なら60%買取ということを思い出しました。3年の1万5,000km以内なら50%なので、前に乗っていたNC750SやVTRもこれで買い換えてきました。

今でも毎月1万1,900円のCRFのローンを払っているので、残債をこれで相殺し、残りのお金で5年ローンを組めば、車両価格70万円くらいのバイクなら買えそうです。そこで、ホンダドリームの中古コーナーを眺めていると、CB650Fの走行距離1kmの新古車がホンダドリーム豊中にあることがわかりました。

CB650Fの新古車

先代のCB650F

CB650Fは、2014年から国内販売されているネイキッドバイクです。海外では、ホーネット600や、CB600Fという名前でイタリアを中心に販売されていましたが、648ccにボアアップされた2014年から国内でも正式に販売されることになりました。

フルカウルの兄弟車、CBR650Fはそこそこ売れていたものの、CB650Fはあまり見かけない希少車でした。というのも、4気筒車と言っても日本人受けしない外装で、本体価格が92万円(税込)とそこそこしたからです。

2017年には後期型となり、馬力の向上と足回りの強化などされましたが、あまり国内では売れずに2019年には後継バイクのCB650Rにフルモデルチェンジされました。ぶっちゃけ、エンジンはほぼ変わっていません。ピークパワーで5PS違っていたり、バランサーの見直しで振動が少なくなったくらいです。

足回りやメーター、外装関係、トラクションコントロールや、アシスト&スリッパークラッチなどは大きく変更された部分で、650FよりもRの方に追加された機能は多いです。しかし、CB650Fが新古車で74万円で買えるというのは十分に魅力的です。

3車種の見積もりの比較

筆者が投稿したこの記事の動画バージョンです。

そこで、普段から世話になっているホンダドリーム藤井寺に相談することにしました。同じホンダドリーム近畿系列なので、豊中店の在庫車は購入可能だと思ったからです。

ぶっちゃけ、ローンで月1万2〜3,000円以内で5年間60回までなら、その場で即決するつもりでした。予算オーバーになるものの、CB400SFの新車(88万円)の方も交渉するつもりでした。

まずCB650Fですが、本体73万9,000円、諸経費込みで78万3,275円という見積もりでした。5年ローンの金利が、中古のため7.9%と高く分割手数料が16万6,940円になります。

つまり、頭金のない場合、最低でも月1万5,800円支払うことになるので、まずこの段階で不可能でした。CRFは4年ローンのため、現在2年分でまだ半額残っています。つまり、残債を相殺できたとしても頭金にはならないですし、その可能性も低いです。


次に、どうせならとCBR650Rの新車をすすめられました。というのも残価設定クレジットの金利が3.9%のため、そこまで月々の支払いに変化はないということなのです。CBRのマットブラックの本体価格は105万6,000円で、諸経費込みで111万115円でした。月1万7,700円と月額の支払いはそこまで変わりません。

次に、ネイキッドのCB650Rのブラックで、見積もってもらいました。本体価格が97万9,000円、諸経費込みで103万3,115円、残価設定ローンで月1万6,500円という結果になりました。

結局1年後に持ち越し

今の愛車CRF250L

CB400SFの新車で見積もりを出してもらおうとしたら、普段から付き合いのある販売店らしく「大型二輪持ってるから650にした方がいい」という一言でやめにしました。確かに、650に大きな魅力を感じています。

中古なら一括で購入した方がいいというアドバイスもあり、新車購入するなら急がずに1年間ローン払って、来年に判断を持ち越すことにしました。その場合、前から憧れていたCB1300SBも視野にいれることも含めてです。

また、最近の新型コロナの影響で悪路を走っていないだけで、1年後にはCRFでオフロードをバリバリ走っているかもしれません。今回は見送ってCB1300SBや、ZX-6RやGSX-S750などの4気筒車を視野に入れて検討することにします。それでも、長い付き合いのあるホンダドリーム藤井寺のCB650Rが筆頭候補でありますが・・・。

バイクの関連記事はこちら

3 thoughts on “ホンダCB650FとCB650R、CBR650Rの見積もり

  1. ピンバック: CRF250Lの2年点検とホンダCBR650R試乗! | K.T Dogear+

  2. ピンバック: ホンダ CB650R/CBR650R:Rコンセプトの特徴と先代との違い | K.T Dogear+

  3. ピンバック: CB400SFとCB650F:ベストセラーと不人気車 | K.T Dogear+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください