250ccシングルスポーツ戦国時代突入!4車種を紹介

Pocket

スズキとハスクバーナが、立て続けに250ccシングルスポーツバイクをリリースしました。ホンダとKTMの牙城に挑戦するような新型のラインナップは、ライトウェイトスポーツバイクの勢力図を大きく塗り替えそうな予感がします。今回は、そんな250ccクラスのシングルスポーツバイクを紹介していきます。

目次 この記事の内容

  • KTM250 Duke
  • ホンダ CB250R
  • スズキ ジクサーSF250
  • ハスクバーナ スヴァルトピレン250
  • クォーター・シングルスポーツの戦国時代突入!

KTM 250 Duke

出典 https://www.ktm.com/ja-jp/ KTM 250 DUKE

オフロードマシンのイメージがあるオーストリアのオートバイメーカーのKTMですが、昔からオンロードバイクも生産しており、2017年からは最高峰の2輪レース、MotoGPにも参戦しています。

KTM 250 DUKEは、水冷の4ストロークDOHC単気筒エンジンを搭載し、乾燥重量149kgの軽量な車体のシングルスポーツバイクです。コンパクトな車体は、まるでモタードバイクのように軽快です。2015年から日本市場に登場し、5年もの間クォーター・シングル・スポーツとしてシーンを牽引していました。

KTMの活発なイメージどおりの高圧縮のエンジンは、単気筒ながらも30hp/9,000rpmという最大出力を叩き出しています。フロントの倒立フォークは43mm径で、リアはボトムリンク式のサスペンションを採用しています。

積極的なライディング向けに、シングルディスクながら、対向4POTラジアルマウントのブレーキをフロントに採用しスポーツ性を高めています。ぶっちゃけ、ハイオク仕様となっていて、敷居が高そうに思えますが、単気筒4ストロークのため、燃費もいいので問題はないと思います。

本体価格が58万6,000円と、国産車並みというのもポイントが高く、単気筒エンジンでスポーツしたい人向けのネイキッドバイクと言えるのが、KTM 250Dukeなのです。

ホンダ CB250R

筆者がホンダドリームで撮影したCB250R

ホンダの250ccのクォーターネイキッドといえば、V-TWINのVTRのイメージがありました。しかし、現行のCB250Rに搭載されているのは、水冷4ストロークDOHC単気筒エンジンです。

筆者も同じエンジンを搭載しているCRF250Lに乗っていますが、ショートストロークで、レッドゾーンが1万回転以上ということもあり、高回転まで爽快に回るエンジンです。元々は、2011年から販売されていたCBR250R(MC41型)のものです。

ストリートユースも意識したCB250Rに単気筒エンジンを搭載したのです。軽量な車体(144kg)に高回転まで回る27PS/9,000rpmのパワーユニットにより、想像以上に走りのいいバイクになっています。

また、レギュラー仕様で燃費のいい(WMTCモードでリッター33.7km)ので経済性も高く、41mm径の倒立フロントフォークに、シングルながらも対向4ポットラジアルマウントのフロントブレーキという豪華な足回りも見逃せないポイントです。

これだけの装備で、税込み56万4,300円という価格もポイントで、ビギナーだけでなく、ベテランにもオススメできるライトウェイトシングルスポーツです。

スズキ ジクサーSF250

出典 https://www1.suzuki.co.jp/ (アイキャッチ画像も同じ)スズキ ジクサーSF250

スズキといえば、GSX-Rに代表されるような油冷エンジンのイメージがありました。油冷とは、文字どおりオイルで冷却する機構のことで、水冷とは異なる方式の冷却システムで、スズキのお家芸でした。

しかし、時代の変化とともに、水冷化がどんどん進んでいき、油冷エンジンは使われなくなっていきました。しかし、スズキはついに油冷エンジンを復活させたのです。2020年4月から販売開始されたジクサーSF250には、油冷4ストロークSOHCエンジンが搭載されています。

ネイキッドのジクサー250もありますが、今回は唯一のフルカウルモデルとして、ジクサーSF250に焦点をあてて紹介しています。


26PS/9,000rpmの出力を持ち、高回転まで回る爽快感のある新開発の油冷エンジンと、装備重量158kgの軽量な車体によりキビキビした走行が可能です。ブレーキこそ、フロント2ポットキャリパー、リア1POTですが軽量な車体に対してある程度の制動力はあります。

特筆すべきは、価格の安さで税込み48万1,800円です。バーゲンプライスで他のメーカーのシングルスポーツと真っ向から勝負しています。

ハスクバーナ スヴァルトピレン250

出典 https://www.husqvarna-motorcycles.com/ ハスクバーナ スヴァルトピレン250

ハスクバーナは、1903年からバイクを製造している歴史あるスウェーデンのメーカーです。2013年に、オーストリアの2輪メーカー、KTMの傘下となり、ブランドが存続することとなったのです。

KTM同様オフロードバイクのイメージがありますが、ロードバイクも生産しており、スヴァルトピレン250は、スクランブラータイプのデザインをしており、前後タイヤにブロックパターンがあるなど、フラットダート程度なら走られるようになっています。

ベース車両は、KTM 250 DUKEでエンジンなどは、ほぼ同じ最高出力の31hpとなっています。水冷4ストローク単気筒を搭載し、ガソリン抜きの車両重量は、153kgと軽量で、シングルスポーツモデルならではの走りが楽しめられそうです。

ベースとなったKTM 250 DUKE同様、フロントサスペンションの倒立フォークは、43mm径となっており、またラジアルマウントされた対向4POTフロントブレーキも装備されていて、豪華な足回りとなっています。

KTMとは異なる雰囲気のあるハスクバーナのデザインも秀逸で、税込み59万9,000円と輸入車の割にはリーズナブルで、多くの人にハスクバーナの魅力を伝えられそうです。

クォーター・シングルスポーツの戦国時代突入!

絶版車にはなったもののシングルスポーツとして優秀なカワサキ Ninja 250SL

最近登場したカワサキ Ninja ZX-25Rのような4気筒クォーターとは異なり、軽量な車体と単気筒ならではのトルク特性でキビキビ走るシングルスポーツの良さがあります。筆者もオフ車のCRF250Lの購入の際、一番迷ったのが同じホンダのCB250Rと絶版となりましたが、新車の残っていたカワサキ Ninja 250SLでした。

結局、オフロードを走ってみたかったので、CRFを選びましたが、軽量なシングルスポーツならではのキレのある走りも捨てがたいです。最近になって、ジクサーやハスクバーナが、新型のシングルスポーツを販売開始したので、色々調べてみたら、記事にしてしまいました。

シングルのいいところは軽くて取り回しのいいところと、リッター30km位の燃費の良さです。中低速トルクのある加速に優れたエンジンと、最新の4車種はある程度の高回転までカバーするスポーツ性もあります。

欠点は、シングルならではの振動や、2気筒や4気筒ほど高回転まで回らないところです。しかし、筆者は振動は気になりませんでした。126〜250ccまでの排気量の場合、軽二輪というカテゴリーになるので、車検が必要のない高速道路を走られる車両ということになります。

アベレージスピードの高くない日本の公道に合ったクラスでキビキビ走りたいなら、ライトウェイト・シングルスポーツは、初心者からベテランにまで、オススメのオートバイです。

バイクの関連記事はこちら

2 thoughts on “250ccシングルスポーツ戦国時代突入!4車種を紹介

  1. ピンバック: ホンダ CB250R:ライトウェイトシングルスポーツの血統とは? | K.T Dogear+

  2. ピンバック: カワサキ Ninja 250SL・Z250SL:スーパーライトなシングルスプリンター | K.T Dogear+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください