tkd69ニューアルバム制作の中間報告

Pocket

tkd69のニューアルバム制作の中間報告です。Logic Pro Xを使用して、ようやく4曲目までレコーディングしました。予定の7曲までには、幾つかやらなければならないことがあり、まだまだ道半ばといったところです。

目次 この記事の内容

  • Logic Pro Xのアップデート
  • 3曲目はクランチなトーンのギター
  • 4曲目はメロディアスでヘヴィな曲
  • 後半は作曲から

Logic Pro Xのアップデート

筆者ことtkd69によるLogic 10.5のアップデート動画です。

一番懸念していたLogic Pro Xのアップデートが、10.5となりました!2013年から販売されているDAWだけあって、次はメジャーデートとなり11になるのかと思っていましたが、これでまだまだ(ジオンは後10年)戦えそうです。

ただ、10.5のアップデートは打ち込み関係の機能の強化が目立ちます。Logicを録音中心に使っている筆者からすると、イマイチ違いが解りません。このアップデートにより、今まであまりチャレンジしていなかったEDM曲を制作してみようという気になってしまいました(大汗)。

ただ、既存ユーザーがそのまま使い続けられるということは、歓迎すべきことで、格安でフル機能のDAWソフトとして、Logic Pro Xの魅力があることには変わりません。定期的にアップデートしてくれるということは、まだまだ一線で使えるということですから。

そして、何より今までと同じユーザーインターフェイスにしてくれているところが評価できます。ようやく慣れてきたのに操作性が大きく変わると混乱するからです(大汗)。

3曲目はクランチなトーンのギター

3曲目のギター録音の動画です。

3曲目の”Shining Future“は、ちょっと明るめのクランチなトーンのギターがキモです。Drummerのマルチトラック化とブレイク時のクラッシュの打ち込みは、かなり大変でした(大汗)。Drummerは便利ですが、凝ったドラムを自分で作る場合は、慣れたEZ Drummerを使った方がやりやすく感じました。

ただ、このために1万円以上出してEZ Drummer2にアップグレードするのももったいない気がするので、もうちょっとDrummerもしくはLogic付属のドラムのプラグインで頑張ってみようと思います。


バッキングパートは、トーカイのストラトを使いました。VOX AC15C1のトップブーストチャンネルで、軽く歪ませたクランチで録音しました。

もう一方のチャンネルには、PRS CEの外外のコイルタップで録音し、リード時にBOSS SD-1でブーストしました。メロディアスな曲なので、ギターのコードもシンプルです。結構いい感じに録れたので、出来については満足しています。

4曲目はメロディアスでヘヴィな曲

4曲目のギターの録音動画です。

4曲目の『メリーゴーランドに振り回されて』は、ヘヴィなギターリフにメロディアスなボーカルの勢いのある曲です。ギターは、ハムのPRS CEで録音しました。こういった早めのテンポ(140BPM)の曲の場合、勢いで録ってしまった方がいい出来になります。

ドラム制作もDrummerでそのままAIに叩いてもらいました。ベースは、一日で録音し、ギターは2日、ボーカルは1日で3テイクのみ、コーラスもその日のうちに録りました。荒々しく、勢いのある感じに仕上がったので、お気に入りの曲となりました。

後半部分は作曲から

メリーゴーランドに振り回されてのボーカル録音動画です。

ここまでは、録音開始までに作詞作曲の完成していた曲ばかりですが、ここからは未完成の曲のみです。今のところ作詞が出来ていない曲が1曲と、現在作曲中のEDM曲です。残りの1曲は、まだアイデアのみです。

ぶっちゃけ、やったことのないEDMの作曲が難航していて、この1週間というものMacとにらめっこして、試作の打ち込みドラムパートを作ったくらいです。ストレス解消に、ゲームしていて、音楽関係の動画のアップも滞ってしまいました(大汗)。

それでも、新しいことにチャレンジすることに意義があると思っています。無理だったら、リズムから曲制作しなくても、シンプルにギターで作曲すればいいのですから。EDMの研究を兼ねて、このアルバムに1曲は入れてみたいです。

DTMの関連記事はこちら

 

2 thoughts on “tkd69ニューアルバム制作の中間報告

  1. ピンバック: 新曲録音開始!Logicで曲制作 | K.T Dogear+

  2. ピンバック: GarageBandは使えるのか?Mac付属のDAWは優れもの | K.T Dogear+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください