ホンダ CRF250Lでプチツーリング:初春の裏金剛

Pocket

今週は、晴れの日が少ないということなので、思い切ってプチツーリングに行ってきました。久しぶりの裏金剛を、CRF250Lで楽しんできました。

久々の峠

冬といっても暖かかったですが、山頂付近は雪が残っていたりしているので、なかなか走られませんでした。冬場でも6合目あたりまでは、たまに裏金剛にバイクで走りに来ていたのですが、山頂付近はRのきついコーナーが多いので、今日は流す程度のペースで走りました。

3月とはいっても、山の頂上付近は10°C以下なので肌寒く、まだまだ本格的な春とはいえませんが、雪は残っていませんでした。ということは、国道310号線を河内長野から五條まで抜けることができるようになったということです。

今年の花粉症が酷いようなのですが、逆療法でこれだけ慣れてしまえば、それほど気にならなくなるのではないかと思っています。峠の方が確実に花粉は飛んでいると思うので・・・。

最近、こころがけている練習が、リーンアウトで走ることです。オフロードコーナリングの基本が、足を前に出してリーンアウトで走ることなので、ロードで慣れておこうかと思っています。とはいってもオンロードの走り方しか出来ていませんが(大汗)。

かもきみ温泉が休みだった件

ぶっちゃけ、かなり山頂付近は寒かったです。途中で御所市にある、かもきみ温泉に寄ろうとしていたのですが、駐車場に車が少なかったので、嫌な予感がしました。月、火臨時休業の看板があり、泣く泣く道の駅かつらぎに向かうことになりました。

レコーディングの続きもあるので、時間的には十津川まで行けないし、橿原ぽかぽか温泉も少し遠回りになるのでやめました。バイクに乗ると、温泉に行きたくなるのは、筆者が寒がりだからでしょうか?


奈良側走るのが、久々なのでテンション高かったはずなんですが、今日は休憩多めにとりました。冬季は多忙のせいで、あまりバイクで外出していなかったので、峠やツーリングに慣れる必要があると思ったからです。

CRFでの走りについて

今年こそは、お金がたんまり稼げて、色々バイクの装備品買って、北海道に行きたいです!まあ、今のところ妄想ですが・・・(涙)。ツーリング用にもう一個ヘルメット欲しいし、オフブーツが何より必要です。

CRFで、色々と試していますが、インチの大きいタイヤのオフ車は、ペタっと簡単に曲がるのですが、限界まで倒れる角度が浅いように感じます。これだけでも乗り方がずいぶんと違うように感じています。

まだまだオフ車のことが解っているとは思えません。ここのところは、もっと悪路を走る必要がありそうです。というより、今までオン車ばかりだったので、その感覚で峠を走っているのかもしれません。

CRFと比較するとかなり重いNC750Sの場合、荷重移動して倒しこむ必要がありました。しかしCRFは、軽く車体を傾けると、パタっと曲がってくれるので、あまり倒しこむ必要を感じないのです。問題は、ブロックタイヤのため、オンロード用ラジアルのように、タイヤのグリップ感がいまいち掴めないことです。

コーナリング中の安定感や、もう少し曲がるという感覚は、オンロード車の方がありました。17インチタイヤと、サスストロークの問題かもしれません。しかし、オフ車の場合、悪路を走られること、車体が軽いので振り回しやすいという利点があります。

オンロードバイクとは、違ったコーナーの曲がり方を会得するには、やはりオフロードを走るしかなさそうです。

バイクの関連記事はこちら

ホンダCRF250Lで行く橋本~高野山ツーリング!

ホンダ CRF250Lの6ヵ月点検!

ホンダCRF250Lで行く晩秋の錦織公園

ホンダ CRF250Lで行く湯泉地温泉

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください