MotoGP 2018 第13戦 サンマリノGP:圧倒的な強さのドヴィツィオーゾ

Pocket

MotoGP 2018 第13戦サンマリノGPは、イタリアのアドリア海沿岸にあるミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで9月9日に開催されました。今回目立ったのは、予選から決勝までのドゥカティ勢の強さです。

予選はドゥカティ勢の圧勝!

テクニカルなコーナーの多いミサノ・ワールド・サーキット

ミサノ・ワールド・サーキットは、テクニカルなコーナーが多く、ストレートの短い典型的な中低速サーキットです。こういったコースではヤマハ YZR-M1のようなコーナリングに定評のあるマシンの方が有利とされていました。

ところが予選では、ドゥカティワークスのホルへ・ロレンソ選手がポール・ポジションで、2位にドゥカテイ プラマックレーシングのジャック・ミラー選手、4位にドゥカティワークスのアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手が入りました。

ドゥカティ勢が上位を独占する中で、モビスターヤマハのマーヴェリック・ビニャーレス選手が3位、5位にレプソルホンダのマルク・マルケス選手というグリッドになり、ホンダとヤマハが5位以内に1台ずつ、ドゥカティが3台という結果に驚きました。

イタリアはドゥカティのホームグランドなので、テストをしていることは解っていました。しかし、ミサノでは不利なハイパワーで制御の難しいデスモセディチをここまで仕上げてきているとは・・・。

ロレンソのお株を奪う先行逃げ切り!

今シーズンで何度も見られたマルケスとロレンソのドッグファイト

Moto2で、マリネッリ・スナイパーズチームのロマノ・フェナティ選手が、フォワードレーシングチームのステファノ・マンツィ選手のブレーキレバーに手をかけたという事件がありました。バックストレートでフロントブレーキがロックした場合、命の危険性すらあるので大変危険な行為です!

フェナティは、ブラッグフラッグで失格になり、2レースの出場停止という処分になりました。マリネッリ・スナイパーズチームは、フェナティを解雇し、来シーズンから予定されていたフォワードレーシングチームとの契約も破棄されました。

当然だと思うし、フェナティにもうチャンスは巡ってこないでしょう。フェナティは、とても才能があったライダーだと思います。しかし、激昂しやすい性格のせいで将来を棒に振ってしまいました。本当に残念です。

決勝レースは、ロレンソがいいスタートをしてホールショットを決めました。2位にミラー、3位マルケスというスタートでした。ドヴィがマルケスをパスして、6周目にはロレンソを抜きトップに立ちました!

ミラーは4周目に転倒し、ドヴィツィオーゾ、ロレンソ、マルケスという順位でレースは展開していきます。レースも14周目に入ると、マルケスがロレンソをパスします。ここから2台は激しい競り合いをしていきます。その間にドヴィツィオーゾは、ロレンソのお株を奪う逃げ切り体勢になりました。

ドヴィの強さは本物!ランキングも2位に

レース後握手をするドヴィとマルク

ロレンソとマルケスとの2位争いが落ち着くと、2位のロレンソがタイムを縮めていきます。しかし、無理が祟って残り2周というところでロレンソが転倒しました。

この時点で、ドヴィの優勝は確定し、2位マルケス、3位はLCRホンダのカル・クラッチロー選手、4位にスズキのアレックス・リンス選手、5位にビニャーレス、6位にホンダのダニ・ペドロサ選手という順位でした。

地元ということで注目されたヤマハのバレンティーノ・ロッシ選手でしたが、7位と結果が出ませんでした。同じイタリア人のドヴィツィオーゾの優勝は、イタリア人ライダーが力を付けてきている証明だと思います。

LCRホンダの中上貴晶選手は、決勝13位とポイント圏内でフィニッシュしました!予選は苦しんだ中上ですが、これから日本GPに向けて調子を上げていってもらいたいです。中上とチームメイトのクラッチローは3位と結果を出しつつあります。

チャンピオンシップは、マルケスが2位以下に67ポイント差のトップ、2位にドヴィがロッシを抜いて上がってきました。3位にロッシ、4位にロレンソ、5位にビニャーレス、6位にクラッチローという順位です。

2017年シーズンもドゥカティ勢の巻き返しが後半でありました。今年も同じようにホンダ RC213Vの戦闘力をドゥカティのデスモセディチが凌駕しつつあります。ドゥカティはシーズン序盤ではデスモセディチの熟成に手間取り、実力を発揮出来なかったのですが、チームの努力により問題点が解消されてきたのでしょう。

今年もホンダのマルケスVSドゥカティワークスという展開になっていきそうです。次のレースは、9月23日のスペインのアラゴンGPです。

レース関連の記事はこちら

MotoGP 2018 第15戦 タイGP:最終ラップ最終コーナーでの決着!

MotoGP 2018 第14戦 アラゴンGP:マルケス母国で勝利!

MotoGP 2018 第12戦イギリスGP:前代未聞の雨天中止!

MotoGP 2018 第11戦オーストリアGP:ドッグファイトでも強いロレンソ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください