ギブソン レスポール Jr. 付属品などについて

Pocket

ギブソン レスポールJr.を購入してから、2週間が過ぎました。完成した曲の録音作業と平行する形で、新しいギターの特性を掴むため、色々と試行錯誤しました。そして、今回紹介するのが、付属品関係と買い足したものについてです。

Gibsonの付属品

Gibson社の近年のモデルを購入するのは、久しぶりなので、付属品についてチェックしてみました。ギターを拭くためのクロスは当然として、シリアルナンバーなどが記載された点検終了証、トラスロッドを回すためのレンチ類、本国向けの登録証などです。正体不明のポストカードが、ご愛嬌?です。他には、石橋楽器の中古の保証書などを、ハードケースに収納しています。

ハードケースは、結構いいものが付属していました。電車で持って帰るのは、正直疲れましたが、車移動などでは、安心感があります。以前、ギブソン レスポールを購入したときも同じようなケースだったことを覚えています。SGですらスタンダードでソフトケースになってしまったので、ギブソンが、ジュニアとしての存在を大事にしている証拠のように思えました。

使用に際して不足しているもの

実際に演奏するまでに、不足しているものが2つあります。ギターは、立って演奏するときに必ず必要なのが、ストラップです。昔たまたま買ったギブソン USAストラップが、残っていたので当面はこのまま使用します。実は、フェンダーのネオンストラップもあります。

次に必要なのが、ギタースタンドです。スタンドは2本余っていまして、そのうちの1本をこれまた流用しました。2016年モデルのレスポール ジュニアの塗装は、おそらくラッカーなので、それに対応したスタンドでなくてはなりません。


ラッカー塗装は塗膜が薄いので、鳴りがいいのですが、経年変化を受けやすい塗料でもあります。樹脂性パーツのスタンドの場合、クロスをあてがうか、ギタースタンド保護ブラジャーが必要です。ブラジャーって響きはちょっといやらしい(笑)ですが、要はゴムがラッカー塗装を溶かしてしまうのを防ぐものです。

レスポール ジュニアを購入したとき、ポイントキャンペーンとかで、石橋楽器 心斎橋店で2,000ポイントもらったので、新しいスタンドを買おうと思っていました。さっそく行ってみたら、なかなかラッカー対応のもので手頃な価格のスタンドが見つかりません。店員に話を聞いてみると、薦められたのがこの、ギタースタンド用ブラジャーだったのです。

そのまますっぽりスタンド下部のパイプと、上部のギター受けに差し込んで、真ん中をマジックテープで固定するだけです。500円くらいだったので価格も安く、そのまま差額で弦とピックを購入して帰りました。家でさっそく付けてみると、簡単に出来ました。2分くらいしか取り付けにかかっていません。クロスで保護するより、いちいちズレを修正しなくていいので、非常にラクです!これは安いのでおススメです。

ギター関連の記事はこちら!

Mountain:巨漢のギタリストと70年代アメリカンハードロック

P-90ピックアップと搭載ギターについて

ギブソン レスポール ジュニア購入!

新たなエレキを求めて

 

 

 

ギブソン レスポール Jr. 付属品などについて」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ギブソン レスポール ジュニア購入! | K.T Dogear+

  2. ピンバック: 新たなエレキを求めて | K.T Dogear+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください