格安アクションカメラ購入!:MUSON GO1レビュー

Pocket

YouTubeで、motovlog用動画をアップするために、格安アクションカメラを購入しました。MUSON GO1という中国製のアクションカメラについて、レビューをしてみます。

目次 この記事の内容

  • 格安アクションカメラを購入した経緯
  • MUSON GO1開封動画について
  • MUSON GO1の画質について

格安アクションカメラを購入した経緯

MUSON GO1の箱

そもそも、YouTubeのチャンネルを増やす予定は当初、ありませんでした。1つのチャンネルの運用だけでも大変なのに、2つにするのには理由がありました。それは、チャンネルの専門性の問題です。

せっかくチャンネル登録してもらっても、音楽チャンネルであるtkd69チャンネルで、バイクの動画をアップしてもユーザーが混乱するだけです。そこで、tkd69チャンネルの兄弟チャンネルとしてtkd69のmotovlogというチャンネルを立ち上げました。

そのきっかけとなったのが、格安アクションカメラの購入です。以前からGo Proが欲しかったのですが、値段が3万円以上するので、とても手が出る価格ではありませんでした。

1万円以下で購入できる格安カメラで、前から評判がそこそこ良かったMUSON GO1が、通常価格が5,500円のところをAmazonでクーポンが配布されていたので、4,000円で購入できました。

こうなってくるとバイクの動画も増えるので、棲み分けが早急に必要となってきました。そこで、新たにチャンネルを作って、今後のバイク動画はtkd69のmotovlogというチャンネルでアップすることにしたのです。

MUSON GO1開封動画について

こちらはtkd69チャンネル MUSON GO-1の開封動画です。

まだ、チャンネル開設前だったので、とりあえずtkd69チャンネルにてMUSON GO1の開封動画をアップしてみました。Amazonプライム会員だったので、注文してからすぐにカメラは到着しました。

初めて、開封動画をやってみました。ぶっちゃけ、アタッチメントが豊富で、必要なハンドルやヘルメットに固定するもの以外のものが含まれていました。防水カバーにかかっている状態で本体がケースの中に入っていたので、カバーを取り外して使うことにしました。


せっかくなので、近所の公園に行ってみて、動画を撮ってみました。公園にはネコが3匹いたのですが、広角で固定されているレンズのため、うまく撮影できませんでした(大汗)。リベンジのために、帰りに人間に慣れている白ネコを撮りました。

防水ケースに入った状態

操作は思ったよりも簡単で、電源スイッチとシャッターボタン、側面の上下ボタンを使って項目を選択していくというスタイルです。日本語の説明書もあるので、カメラに慣れた人ならすぐに扱えるようになります。

防水カバーをつけたままだと音声の入力が小さいので、カバーをつけた状態で外部マイクが接続できれば良かったのですが、無理っぽいです。

MUSON GO1の画質について

続編としてGO1の画質確認動画をアップしました。

次は自宅で、画質の確認動画を録画してみました。YouTubeにアップする場合、1080×P60でも問題ないように思っていました。しかし、試しに撮った2.7KP30の動画の方が精細な表現だったので、2.7Kで撮っていくつもりです。

1080と2.7Kだと画面の端の部分の明るさや、中央部分の解像度の違いがはっきりしています。YouTubeにあげる時には、レートが下がりますが元の画質の違いも反映されるので、2.7kで撮った方がいい画像をアップできると思います。

ハンドルに取り付けるアタッチメント

ただ、普段動画で撮っているNikon 1 J2の方が、流石にレンズが大きく、いいマイクを内蔵しているため、画質と音質でずば抜けていました。MUSON GO1もカバーをつけずに、マイク有りと無しで試してみた結果、iMovieで400%にまで音を持ち上げるとお問題なく音声が使えることが解りました。

ぶっちゃけ、アクションカメラは容易にバイクやスポーツ時に録画できるカメラとして運用するのが一番です。手ブレ補正については、まだ試していません(汗)。

説明書でざっくりな組み立て方しか載っていなかったものの、勘でなんとかバイク用のハンドルアタッチメントを完成させました。今後は、一度この状態で試してみて、ダメならヘルメットマウントに切り替えるつもりです。

カメラの関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください