2019 鈴鹿8耐 前編:トップ10トライアルは中止?台風の土曜日

Pocket

今年も鈴鹿8時間耐久レースを観戦しました!27日の土曜日は、本戦前のトップ10トライアルです。ちょうど台風6号が紀伊半島に上陸していて、土曜日からの鈴鹿入りを諦めようとしていました。

目次 記事の内容

  • 去年と同じく台風の土曜日
  • 名阪国道での霧
  • トップ10トライアルの中止
  • 伊賀に到着したのは11時過ぎ

去年と同じく台風の土曜日

土曜日の前夜祭

はっきり言って台風のくるタイミングがとても悪かったです。去年も土曜日に台風が来ていました。正直言って、バイクでの雨天走行は、あまり気分のいいものではありません。

今年も、土曜日は見送ろうと思っていたのですが、風速が20m以下であること、大阪では思ったよりも雨がきつくなかったので、希望はありました。

一応、一緒に行く予定の兄には安全重視のため、車の使用もしくは、土曜日を諦めるように進言しましたが、雨でもバイクで鈴鹿に行くという無謀な行い(大汗)に付き合うこととなってしまいました。

タンクバッグとシートバッグには、レイン用のカバーをかけ、レインウェアを上下に着込んでの出発です。だいたい大阪から120kmくらい走るので、到着するまでに2時間以上かかります。

筆者のホンダ CRF250Lと、兄のスズキ スカイウェイブ250という組み合わせです。午前10時30分に高速走行に不向きなオフ車に荷物を満載して、大雨の中の走行が始まりました。

名阪国道での霧

ナイトピットウォークでのレッドブルホンダ

西名阪から名阪国道まで、雨が降り続けていました。名阪国道は、自動車専用道路であって、高速道路ではないのですが、ペースが早くほとんど高速並みです。山間部に作られた道路なので、普段から天候が崩れやすく、ちょっとしたコーナーもある道路です。

CRF250Lのエンジンは、単気筒でも24PSものパワーがあり、よく回るので高速道路が十分に走られますが、オフ車は車高が高く、姿勢も立つのでもろに風圧を受けます。おまけに、ブロックタイヤのため、路面との接地面積がオンタイヤと比較して少ないので注意が必要です。

高速走行でのCRFは、速度を上げるとギャップなどでリアが若干落ち着かない時があります。しかし、荷物を満載してると、リアタイヤが時折ぶれる感覚が少なくなります。重量がリアにかかるため、トラクションがかかりやすくなり、安定するからでしょうか?雨の時は、オンタイヤと比較して、ブロックタイヤは滑る印象があります。


高速や名阪国道では左車線を走り、たまに右車線で追い抜いてゆっくり走るようにしました。途中までは快適だったのですが、針ICを抜けたあたりで濃霧が発生し、前が見えない状態での走行を余儀なくされました。

以前の九州ツーリングで走ったミルクロードを彷彿させるような霧でした。しかし、対向車の心配もなく、高速一本でRのきついコーナーもそれほどないので、そこまで走行不能ということもありませんが。しかし、速度を落として様子をみることは重要で、鈴鹿まで無事に着いた時はほっとしました。

トップ10トライアルの中止

ヨシムラのGSX-R1000

伊賀サービスエリアでの休憩と、濃霧の影響で到着時間は予定よりも遅れて午後1時を過ぎていました。大雨の影響で、いつもなら停めたことのない前の方にバイクを駐輪することができました。バイクの数が、いつもの土曜日よりも半分以下といったところでしょうか?

土曜日の13:15分からのピットウォークには間に合わないので、遊園施設に併設されている食堂でラーメンを食べてから、メインスタンドに向かいました。

メインスタンド前のブースは、雨でも営業していましたが、ここも人がまばらに感じました。屋外ブースは、大雨の影響が大きく、トップ10トライアルも中止になる可能性がありました。

トップ10トライアルとは、金曜日の予選の上位10チームによって争うタイムトライアルのことです。翌日の決勝でのグリッドは、最終的にトップ10トライアルで決定します。

金曜日は、21番のヤマハファクトリーがトップ、2位に10番のカワサキレーシング、3位に33番のレッドブルホンダという順位になっています。上位3チームは総て、メーカー肝いりのワークス勢でした。

ところが、計時予選に変更され開始時間が15時30分と遅れていきます。雨の止む気配はなく、15時45分でも無理だったので、中止となりました。結局予選でのグリッド順となりました。

モリワキのCBR1000RR

その代わりに、ピットウォークを急遽始めることにしましたが、こんなことなら中止のアナウンスを午前中にやって欲しかったです。なんせ大阪から大雨の中、鈴鹿までバイクで来た後ですから・・・(涙)。おまけに、防水仕様のカメラを持っていないので、ピットウォークがあっても写真が撮影できません。

結局、夕方からのピットウォークで写真は一枚も撮っていません。同行していた兄のカメラは防水、防塵仕様のペンタックスのはずですが、調子が悪く夕方のピットウォークは失敗に終わりました。

前夜祭とナイトピットウォークは諦めて、早めに伊賀に予約していたホテルに向かうことを進言したのですが、またもや反対され、結局ナイトピットウォークまで見ることになりました。18時頃には雨が止み、ナイトピットウォークでは、写真を撮ることができました。

伊賀に到着したのは11時過ぎ

カワサキレーシングピット前にて

ナイトピットウォークは、天気も回復していたし、マシンもキャンギャルもたくさん撮れたので最高でした!問題は、この後の予定です。鈴鹿を22時頃に出発し、途中でガソスタで給油して、伊賀には23時過ぎに到着しました。

宿泊したのは、伊賀上野シティホテルです。だいたいの距離は、鈴鹿から45kmくらいです。翌日のために、装備やジャケットを乾燥させてから1時30分くらいには就寝しました。

レースの関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください