Rock名盤解説」タグアーカイブ

ロックの名盤を解説した記事です。

Rock名盤解説 File17:The Beatles (ホワイト・アルバム)

1968年に販売された”The Beatles“は、偉大なイギリスのバンドザ・ビートルズの通算10枚目(マジカル・ミステリー・ツアーを含んだ場合)のアルバムです。アルバムのジャケットからホワイト・アルバムと呼ばれることが多いです。 続きを読む

SGT

Rock名盤解説:復活のいきさつ

長い間やっていたRock名盤解説の番外編として、前回紹介したアルバムとは違った選考基準で何枚か選んでいきます。今回は、年代別にする予定はないのですが、もう一度名盤解説を復活させたいきさつなどを書いていきます。 続きを読む

SGT

Rock名盤解説 最終回:名盤解説の総括

Rock名盤解説、最終回は、このシリーズを振り返ってみようと思います。2012年6月に以前のブログK.T Harmonixで1枚目のザ・バンドのMusic From Big Pinkを紹介しました。 続きを読む

RADIOHEAD 2

RocK名盤解説 File16:KID A RADIOHEAD

RADIOHEADは、20世紀最後の年2000年に”KID A”を発表しました。前作”OK COMPUTER”で、名実共にNo1ロックバンドの地位を不動のものにしていたレディオヘッドが、エレクトロニカを全面的に取り入れたアルバムを発表するという衝撃的な出来事が起こったのです。 続きを読む

Nirvana 3

Rock名盤解説 File15:NEVERMIND NIRVANA

1991年は、ロックにとって衝撃的なアルバムが3枚発売された年でもあります。パール・ジャムの”Ten”、サウンドガーデンの『バッドモーターフィンガー』、そして、今回紹介するニルヴァーナの『ネヴァーマインド』です。 続きを読む

Rock名盤解説 File14:KULA SHAKER K

グラストンベリーフェスティバルとは、1970年から続いているイングランドの音楽フェスティバルです。日本のフジロックが参考にした大規模なフェスティバルでロックシーンに多大な影響を与えていました。 続きを読む

Rock名盤解説 File13:oasis (WHAT’S THE STORY)MORNING GLORY?

1990年代の音楽シーン、とりわけイギリスのロックシーンは、60年代の音楽シーンのサウンドに原点回帰するバンドが続々と出てきました。とはいっても、90年代には、90年代なりのリフの進化や、レコーディング技術の向上があるわけでまったく同じというわけではありません。 続きを読む