2018年冬アニメランキング!その2

Pocket

前回の2018年アニメランキングの続きです。3~5位は、正直言って横並びでしたので、色々と悩みました。3位のキリングバイツについては、最初は4位にするつもりでしたが、戦闘格闘ものという個人的に好きなジャンルのため繰り上がりました。

第3位 キリングバイツ

出典 http://killingbites-anime.com/

『キリングバイツ』を見始めた時は、単に『テラフォーマーズ』の焼き直しかと思っていました。キリングバイツに登場するプルート(獣闘士)は、動物の遺伝子によって人間を獣化する手術を受けています。この設定のため、ベースとなった動物の能力が人間にも現われ、驚異的な戦闘能力を持つことができるようになります。

テラフォーマーズと類似しているのは、プルートのベースになった動物の能力をベテラン声優の諏訪部順一がナレーションしてくれることです。しかし、話の本筋は日本を影で牛耳る企業によって開催されるキリングバイツ(牙闘)という格闘です。

主人公宇崎瞳は、ラーテルのプルートです。ラーテルとは、イタチ科ラーテル属の哺乳類で、主に蜂蜜を好み、ミツオシエと共生関係にあります。番組終盤の『教えて!ミツエちゃん』のミツエちゃんはプルートでもなんでもありません(笑)。

各動物の特色によって様々な戦いが繰り広げられます。『グランクレスト戦記』や『ダーリン・イン・ザ・フランキス』などのアクション要素の高いアニメの中でも随一の格闘ものでした。

原作は村田真哉、隅田かずあさによる月刊ヒーローズに連載中の同名漫画です。製作は、『彼女と彼女の猫-Everything Flows-』のライデンフィルム、監督は西片康人です。西片康人は、『アルスラーン戦記』、『ドリフターズ』の演出や絵コンテを担当していました。アニメ監督はこれが始めてではないでしょうか?

残虐な描写や、エロ要素もあった作品なので、この時間帯(深夜)は妥当だと思いました。しかし、同じアニメイズム枠の”BEATLESS”は、昼間に放送しても問題ない内容です。

第4位 恋は雨上がりのように

出典 http://news.noitamina.tv/

『恋は雨上がりのように』は、ビッグコミックスピリッツにて連載中の眉月じゅんの同名漫画が原作のアニメです。僕は、原作の大ファンでコミックスも9巻まで買っているので、ノイタミナ枠でのアニメ化に期待していました。

実際に、WIT STUDIO製作による作画の質は高く、眉月じゅんの絵をそのまま動画にしたような出来で、さすがはプロダクションI.Gから独立したスタジオだなと思いました。

しかし、原作にあったギャグ要素が再現しきれていないように感じました。元々、恋は雨上がりのようには、コミカルな描写のある漫画です。眉月じゅんの描くキャラクターは、たまに3頭身になったりして、可愛らしくギャグを表現しています。

アニメのスタッフは、それをキャラクターデザインの8頭身のままで行っており、意図的にギャグ要素を制限しているように思えました。しかし、ギャグ要素がないとこの作品の良さであるほんわかした雰囲気が伝わりません


同時期にやっていた『3月のライオン』のスタッフは、そこを絶妙に再現して見せたので、あれだけメリハリのある作品になったのだと思います。恋は雨上がりのようには、完全に失敗というわけではなく、丁寧に作り込まれていて好感は持てるのですが、純粋に楽しめなかったので4位となりました。

原作は終了していないため、アニメオリジナルの展開となりましたが、好きな漫画がアニメ化されたことは嬉しかったです。監督は『宇宙兄弟♯0』の渡辺歩です。

第5位 ラーメン大好き小泉さん

出典 http://ramen-koizumi.com/

第5位は、鳴見なる原作の『ラーメン大好き小泉さん』です。無類のラーメン好きの主人公小泉さんと、ストーカー並みに小泉さんにつきまとうクラスメイトの大澤悠が織り成すラーメン食通コメディです。

このアニメを見た後には、必ずラーメンが食べたくなるという副作用があり、深夜アニメなのに深夜に見たら危険というアンビバレンツな話となっています(笑)。コメディタッチで非常に見やすく、筆者も行ったことのあるラーメン店(東京のチェーン店)が登場したりと、なかなか楽しめた作品です。

ちなみに神座の発祥は、大阪の道頓堀です。おいしいラーメンの回で神座が出てきたときには、関西人の筆者はガッツポーズしてしまいました。太陽のトマト麺が、東京にもあるとは知りませんでした(大汗)。

アニメラーメン大好き小泉さんの監督は、『学戦都市アスタリスク』のセトウケンジ、シリーズ構成、脚本は”BEATLESS”の高橋龍也です。アニメ製作は、Studio五組とAXsiZが請け負っています。

2018年冬アニメは2クールが多い?

出典 http://grancrest-anime.jp/

2018年の冬アニメは、2クールの作品が多く、まだ最終回を迎えていないアニメがあります。『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と同じ水もん枠の『グランクレスト戦記』や、『ダーリン・イン・ザ・フランキス』、”BEATLESS”、『バジリスク~桜花忍法帖~』などは、次のクールまで続いているので、今回のランキングは必然的に紹介していません。

Netflixで好評の”DEVILMAN crybaby“は、原作を再現した出来らしいので、見たかったです!しかし、結局は月額払いの動画配信サイトに食指が動かず、今回は見逃しました。

年々、アニメの本数は増加傾向にあります。録画するのも疲れるので、そろそろ夕方に放送するアニメを増やしてもらいたいものです。

アニメ関連の記事はこちら

注目の2018年春アニメを紹介!その2

注目の2018年春アニメを紹介!その1

センスのいいオープニングアニメ ベスト20 後編

センスのいいオープニングアニメ ベスト20!前編

2018年冬アニメランキング!その1

91Days:禁酒法時代のマフィアを題材にした復讐劇!

2017年秋アニメランキング!その2

ラーメン大好き小泉さん 上巻【Blu-ray】 [ 竹達彩奈 ]

価格:13,608円
(2018/4/8 17:21時点)
感想(0件)

2018年冬アニメランキング!その2」への7件のフィードバック

  1. ピンバック: 2018年冬アニメランキング!その1 | K.T Dogear+

  2. ピンバック: 2017年秋アニメランキング!その2 | K.T Dogear+

  3. ピンバック: 2017年夏アニメランキング その2 | K.T Dogear+

  4. ピンバック: センスのいいアニメオープニング ベスト20!前編 | K.T Dogear+

  5. ピンバック: センスのいいオープニングアニメ ベスト20!前編 | K.T Dogear+

  6. ピンバック: センスのいいアニメのエンディング ベスト10! | K.T Dogear+

  7. ピンバック: 注目している2018年春アニメを紹介!その1 | K.T Dogear+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です