Happy New Year!:2018年の記事TOP10発表!

Pocket

2019年も始まり、今年の抱負や、去年のブログの実績などを公表します。ワードプレスやジェットパックで集計するのは、AMP化に伴い去年で最後になりそうです。また、2018年度のTOP10記事も紹介していきます。

2018年のK.T Dogearの実績

2018年の実績 AMP化したのが11月なので表示数は6万を超えているものと推測される

この、K.T Dogear+を始めた2017年は、サイト訪問者5,541人、表示数8,176回、書いた記事数87記事と、まだまだ収益の見込める状態ではありませんでした。著者はtkd691人という状況ですし、記事の数が足りませんでした。

2018年は、赤字覚悟で本気でブログに取り組むようになり、1人で書いた記事が186記事、総計273記事(3記事は固定ページなので実質270記事)となり、ようやくブログとして収益が見込められるサイトに成長したと思います。

主な記事が、ロックとバイクといういささかマニアックな内容にもかかわらず、おかげさまで去年は表示数5万9,363回、サイト訪問者4万385人と、2017年と比較して7倍以上の実績を上げることができました。これも、このサイトを訪問して下さる読者の皆さまのおかげです。ありがとうございました。

しかし、今後は記事のAMP化によりワードプレスとジェットパックによる表示回数や訪問者数の表示が正確でなくなるので、Google アナリティクスによって集計することになりそうです。ただ、まだまだグーグル アナリティクスの方が使い慣れていないので正確な数が解っていません。

AMPとは、簡単に説明するとグーグルが推奨するモバイルツール向けのサイト表示方法です。余分なものを減らした状態でAMP用の配信ネットワークにキャッシュされるので、いちいち元のページを読み込みません。このため、モバイル機器に最適化し、高速で表示されるのです。

11月の更新が手間取ったのは、AMP化するための様々な問題を一つずつ解消するためでした。特にカエレバによるエラー表示の問題には頭を悩まされましたが、なんとか解決しました。

そして、サイトのセキュリティを向上させるために、12月にhttps化することにしました。サイトを暗号(SSL)によって保護することは、訪問してくれるユーザー様にとって安心を提供することだと考え、踏み切りました。

幸いスターサーバーには、無料のSSL証明書が発行されており、https化による費用はかかりませんでした。しかし、サイトのアドレスがhttpからhttpsに変わることは、サイトを移転するような手間がかかりました。12月のサイト表示数の落ち込みは、このhttps化とAmpによるものです。

しかし、今年はこの2つの作業と、270記事から更に上積みされる記事によって、K.T Dogear+が更に魅力のあるブログに成長すると思っています。

上位10記事発表!

カワサキ Z900RS ホンダCB1100RSのライバル車でカワサキの意欲作

2018年のアクセス数上位10記事を公表します。第10位は、フェンダー テレキャスター使いは曲者揃い?です。2017年12月に書いた記事で、世界3大ソリッドギターの一つであるテレキャスターと、愛用しているロックギタリストについて紹介しました。年間表示回数は、1,122回でした。

9位は、ホンダ CB250R:ライトウェイトシングルスポーツの血統とは?です。今年購入したホンダCRF250Lの最大の対抗馬として、色々と調べたバイクです。新型CBシリーズの中でも最軽量の142kgというライダーにとってたまらないバイクです。2018年7月に書いた記事で、年間表示回数は1,218回です。

8位は、2017年7月に書いた記事マツダ アクセラスポーツ 15S PROACTIVE 納車!です。兄の購入したクルマ、マツダ アクセラスポーツにの納車の様子と軽いインプレッションの記事です。年間表示回数は、1,575回です。

7位は、ギブソン レスポール ジュニア購入!です。今のサブギターを購入した経緯について書いた記事です。最初はテレキャスターを買いにいったのですが、ピンとこなかったので、レスポールJr.になりました。


昔メインで使っていたテレキャスターのようなパキパキしたメイプルのテレを探しに行ったのですが、意外とレスポール ジュニアがツボにきたので購入しました。2017年6月に書いた記事で、表示回数は1,576回です。

6位は、ホンダ CB1100RS 試乗:伝統の空冷4気筒と最新技術の融合!です。この記事は、去年の1月にホンダ ドリーム藤井寺店でCB1100RSを試乗した記事です。ぶっちゃけ、かなりいいバイクでお金があったら所有したいです。

空冷4気筒のバイクの良さというものが凝縮したバイクで、昔ながらのネイキッドのスタイルを好み、現代的な17インチで峠を走りたい人にはピッタリのバイクだと思います。年間表示回数は、1,686回でした。

現代の技術で作られた伝統の空冷4気筒CB1100RS

第5位は、マツダ アクセラスポーツ 15S PROACTIVEに決定!で、2017年7月の記事です。兄のアクセラスポーツにした理由と、交渉の様子を紹介しています。クルマを購入するというのは、色々と大変でオプションの選定などにも時間がかかりました。

アクセラは、1.5Lのガソリンエンジンでもきびきび走るのでオススメです。新型の方にも興味があるので、また新しい記事を書くかもしれません。表示回数は、1,720回です。

4位は、またまたクルマの記事でマツダ ディーゼル車リコールで考えるエンジン内のカーボンについてです。2018年2月にマツダのディーゼル車のリコール問題について書いた記事です。

ディーゼル車は、長距離走行にこそ向いているので、ちょい乗りをするよりも積極的に距離を走ることが大切です。ガソリンエンジン車でもたまに高速に乗ったりして、カーボンが溜まりにくくなるようにエンジンを回してやる必要があります。年間表示回数は、1,775回でした。

第3位は、マツダ デミオ 15MB:普段乗りのホットハッチとして使えるモーターベース車で2018年3月に書いた記事です。デミオには、15MBというハイオク仕様のモーターベース車があります。

最近になって、デミオにも1.5Lのガソリンエンジンのスタンダードなグレードが登場しましたが、15MBには簡素なモーターベース車としての魅力があります。表示回数は、1,801回でトップ3に入る人気記事となりました。

第2位は、ホンダ VFR800Fは唯一無二のミドルクラスV4ツアラーで2017年12月の記事です。ホンダのテクノロジーの塊ともいえるV型4気筒ミドルクラスツアラーの魅力について書いた記事です。

VFR800Fについて書いたときには、この記事がここまで人気が出るとは思っていませんでした。過去のVFRシリーズについても書いたことが良かったのかもしれません。実は筆者は一度だけVFR750に乗ったことがあります。表示回数は、1,996回で2,000回まで後もう少しというほどの人気がありました。

そして、栄えある第1位は・・・、ジャカジャン!カワサキ Z900RSのライバルはCB1100?でした!2017年11月に書いた記事で、カワサキのネイキッドバイクZ900RSをCB1100と比較しながら紹介しました。

この記事は、『あいつとララバイ』、『バリバリ伝説』といった80年代のバイクの漫画作品と、Z2とCB750Fというそれぞれの漫画の主役の乗ったバイクについて書きました。現代のZ900RSとCB1100というライバル関係も過去からの因縁という感じがします。

しかし、Z900RSはトラディショナルな外観でも中身は最新のZ900を基にした新しい時代の水冷バイクです。CB1100は、温故知新ともいうべき空冷バイクで、よりクラシックなバイクを現代の技術で蘇らせたものだと思っています。

ネイキッドバイクのスタイルが好きな人だったらどちらを選んでも後悔しないと思います。筆者もお金と駐輪スペースがあったら所有してみたい2台です。表示回数は、2,652回で、ぶっちぎりのトップ記事となりました。

人気記事の傾向と来年の抱負について

筆者のレスポールJr.

人気のある記事は、バイクが4記事、クルマが4記事、音楽が2記事となっています。比較的記事が少ない車の人気があるのは、以前別のクルマ専門サイトで記事を掲載していたからかもしれません。

バイクに関してかなりのアクセスがあり、ツーリングより試乗や車種の紹介記事に人気が集中しています。音楽は機材関係の記事に人気があり、苦労して書いたRock名盤解説シリーズよりもアクセス数が上になっています。

ただ、人気があるからといって、他のジャンルの記事をおろそかにしてまで、車種や機材関連ばかり書かないと思います。というのも、実感のこもった記事を書いて、読者に本当の意味で参考になるサイトにするためにやっているからです。

オリジナリティのある記事をたくさん書くことが、アクセス数の上昇に繋がると思っています。その結果として、収益が上がり本当にやりたいことが出来るようになったら、これ以上の幸せはありません。

今年は、曲をDAWでまたアルバムにするという目標もありますし、アニメや漫画、小説といったジャンルの記事も充実させたいと思っています。まだまだ進化し続けるK.T Dogear+を2019年もよろしくお願いします。

ワードプレスに関連する記事はこちら

多忙だった1週間

ワードプレスのカスタマイズとテーマについて

サーバーを移行しスターサーバーに!

新年を迎えて

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください