Audi S1:スモールアウディ最速のホットハッチ!

Pocket

ホットハッチといえば、一番小さいアウディA1をベースに、2Lの直列4気筒ターボエンジンを搭載したAudi S1というクルマがあります。ボディは、3ドアのノーマルと、5ドアのスポーツバックの2種類です。

スモールサイズに231PSのモンスター!

驚異的なのは、そのパフォーマンスで、最高出力231PS、最大トルク37.8kg・mの強烈な横置きエンジンは、車重1,381kg(スポーツバック)を軽々と加速させます。0-100km/hはなんと、5.9秒(3ドアは5.8秒)とこのクラスの中でも突出した性能を誇っています。

トランスミッションは、6MTのみとこれまた漢らしい割り切りがあり、最新のクワトロ(フルタイム4WD)の足回りと相まって、驚異的な走行性能を持っています。

車体サイズは、全長3,990mm、全幅1,745mm、全高1,440mmと日本の道路にフィットするサイズです。ライバルのVW ポロGTIも192PSという出力で、ホットハッチのドイツの過激さは、日本のメーカーを凌駕しています。

※アウディ S1(スポーツバック)データ表

アウディ S1 スポーツバック
最高出力 kW【PS】/rpm 170【231】/6,000
最大トルク N・m【kg・m】/rpm 370【37.8】/1,600-3,000
車体サイズ mm 3,990×1,745×1,440
車両重量 kg 1,381
駆動方式 クワトロ(4WD)
使用燃料 ハイオク

高性能なS1の欠点とは?

アウディ S1のリアビュー

車体もコンパクトで、パワフル、加えて最新のクワトロによってご機嫌なハンドリングということ無しのようなS1ですが、欠点もあります。

価格が高い!3ドアで423万円(税込み)、スポーツバックで443万円というありえない高さです。ちょっと金額を足せば、国内FF最速のシビックタイプRが買えてしまいます

輸入車は輸送代や、検査費用などの問題で割高にされるということがあります。それらを差し引いても昔から輸入車イコール高級車というイメージがあり、割り増しされているのではないでしょうか。


オートマ比率の高い日本で、マニュアルのみのS1の中古を見かけることはあまりないので、購入するなら新車でしょう。さすがに、このサイズのハッチバック車に400万円以上というのはハードルが高いです。

また、もともとが左ハンドルの車種を右ハンドルにしているので、3ペダルの場合は、足元が狭くなります。燃費は、JC08モードで14.4km/Lとあまり良くありませんが、こういったクルマで気にしてはいけません(笑)。

とはいえ、ヨーロッパの輸入車はハイオク仕様ですので、あまり良くない燃費といい、維持費は高くなります。2.0Lということなので、自動車税も1.5~2.0Lの3万9,500円が適用されます。

ホットハッチとしての素性の良さ

レース仕様のS1

コンパクトな車体にハイパワーのエンジン、強化された足回りと、3拍子揃ったマシンがアウディS1です。国内メーカーのBセグメントカーで、アウディS1や、VW ポロGTIと同等の動力性能を持つ車はありません。

日本国内の峠や、街乗りに適したサイズで、ヨーロッパで鍛えられた足回りを持つ素性の良さは、クラスを超えた魅力があります。400万円以上する車体価格も、2リッターの高性能ターボモデルとして考えれば納得できる価格でしょう。

スイフトスポーツや、デミオのディーゼル仕様よりも過激に走りたい人向きの車が、アウディS1なのです。

※2018年7月追記

アウディ S1は残念ながら、2018年3月で日本での販売を終了しました。現在は、中古でのみ購入可能となっています。

クルマの関連記事はこちら

ホンダ CR-XとCR-Z:ライトウェイトFFスポーツカーの系譜

ホンダ シビック タイプR:最新のシビックはイギリス製?

マツダ デミオ 15MB:普段乗りのホットハッチとして使えるモーターベース車

マツダ ディーゼル車リコールで考えるエンジン内のカーボンについて

 

ネオ 1/43 アウディ S1 スポーツバック レッド

価格:15,984円
(2018/3/4 16:39時点)
感想(0件)

Audi S1:スモールアウディ最速のホットハッチ!」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: マツダ デミオ 15MB:普段乗りのホットハッチとして使えるモーターベース車 | K.T Dogear+

  2. ピンバック: マツダ アクセラスポーツ 15S PROACTIVE 納車! | K.T Dogear+

  3. ピンバック: ホンダ シビック タイプR:最新のシビックはイギリス製? | K.T Dogear+

  4. ピンバック: マツダ ディーゼル車リコールで考えるエンジン内のカーボンについて | K.T Dogear+

  5. ピンバック: スバル XV 試乗のお供 | K.T Dogear+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください