NC750Sの2年点検!ホンダドリーム藤井寺にて

Pocket

NC750Sが納車されてから、そろそろ2周年です。正確には11月中旬で、走行距離7,500kmくらいで、あまり走っていません。来月には8,000kmに到達するので、年間4,000kmといったところでしょうか。

2年点検のオイル交換

メンテパックに加入しているので、オイル交換は無料なのですが、ホンダウルトラG1(鉱物油)に限った話です。今回、整備士のすすめで、部分合成油のG2に再び戻しました。

G1でも充分だったのですが、差額1,200円で少しいいオイルを入れておいた方が、安心感があっていいかなと。それに、ニュートラルに入りやすいのは、G2だったような気がします。他には、エンジンのフリクションが若干良くなったような感じがします(プラシーボ効果?)。

新型NC750シリーズ

2016年型NC750Sリア側

2016年型NC750X フロント

点検の間、暇だったのでホンダドリーム藤井寺店内をぶらぶらしながらバイクを眺めていました。僕の乗っている、NC750の新型が展示されていたので、写真を撮ってみました。

パッと見の印象では、フロントのLEDヘッドライトと、角型のマフラーなどが目立ちます。新型には、プリロード調整可能なリアサスペンションと、より上質なフロントサスペンションが搭載されています。また、ETCや、グリップヒーターも標準搭載されているので(Sのみ)今から買うなら新型がいいでしょう。

僕のNC750Sは、ノーマルのMT仕様(ABS無し)なのですが、限定カラーが気に入ってるので、このまま2014年仕様でいきます。ただ、この黒と銀のツートンは素直にカッコいいカラーだと思いました。

NC750Xもリニューアルされていて、より洗練されましたが、ポジションはネイキッドのSの方が好みです。高速道路では、カウルがあった方がいいので、長距離ツーリング主体ならXがいいですね。

新型CBRシリーズ

新型CBR1000RR

新型CBR1000RRは、電子制御がより高度なものになったことと、チタン製のタンクによる軽量化に、スリッパークラッチの採用など、今回のフルモデルチェンジは、相当ホンダも気合を入れてきました。

ホンダ乗りとしては、来シーズンの鈴鹿8耐に期待したいです!僕のNCを担当してくれている販売員のIさんによると、ツーリングとかにも使いやすいようです。サーキットを走らないならCBR650F位の方が丁度いいとは思いますが、最高峰のリッターSSにも乗ってみたくなりました。

ただ、スタンダードで200万円以上、SPで246万円って凄い価格です。電子制御や高価なチタン、リチウムバッテリーなど、値段が高くなる要素が多いのですが、この価格は無理ですね。

CBR1000RRモーターショーの記事はこちら

大阪モーターサイクルショー2017で気になるバイク

2016年型CBR400R

前から思っていたのですが、日本の公道は400ccのバイクが一番合っているのではないでしょうか?特に、このCBR400Rは、出力、車重、値段の3つがベストバランスなバイクだと思います。

新型になってカウルも鋭角的になりカッコ良くなりました。リアがフラットなシートならツーリングバッグが乗せやすいので、そこだけはちょっとマイナスですが。

ちょっと珍しいバイクとCRF250ラリー

DN-01の中古車

中古車コーナーをぶらぶらしていたら、珍しい中古車を見つけました。ホンダ DN-01です。大型オートマチッククルーザーバイクです。金田のバイクのような、近未来的なデザインに、無段変速機構のオートマチックミッション、アメリカン的なポジションに、680ccのエンジンとホンダの中でも異彩を放っていたバイクです。


ホンダは時々、こういったぶっ飛んだバイクを作ることでも有名で、現在は、DN-01の後継車ともいえるNM4があります。ちなみに、NM4には、NCシリーズと同じエンジンとDCTが流用されています。

CRF250ラリー

最後に、CRF250ラリーを紹介します。CRF250Lをベースに、ラリー競技マシンCRF450ラリーを意識したような装備と外装のモデルです。バリバリの新型のはずですが、中古コーナーに並んでいました。試乗車落ちでしょうか?Iさんに話を聞こうかと思っていたのですが、お客さんの相手をしていたり、CB1100のサスの長さを測っていたり忙しそうなのでやめました。

こんな感じで、ホンダドリーム藤井寺でバイクを見ている間に点検は終了しました。今回もトラブルも無く、オイル交換も済んだので、まだまだNC750Sで走りたいと思います。

バイク関連の記事はこちら

NC750S 2年6ヵ月点検!:ホンダドリーム藤井寺にて

ホンダ CRF250 ラリー:ラリーマシンCRF450 ラリーのレプリカ?

ホンダ VFR800Fは唯一無二のミドルクラスV4ツアラー

カワサキ Z900RSのライバルはCB1100?

スズキ アクロス メットインバイクの元祖

 

NC750Sの2年点検!ホンダドリーム藤井寺にて」への7件のフィードバック

  1. ピンバック: ホンダ CBR650F/CB650F ホンダのFコンセプトミドルクラス! | K.T Dogear+

  2. ピンバック: カワサキ Z900RSのライバルはCB1100? | K.T Dogear+

  3. ピンバック: カワサキ Ninja 650とZ650は豪華装備のパラツイン! | K.T Dogear+

  4. ピンバック: ホンダ CB1100RS 試乗:伝統の空冷4気筒と最新技術の融合! | K.T Dogear+

  5. ピンバック: ホンダ CRF250 ラリー:ラリーマシンCRF450 ラリーのレプリカ? | K.T Dogear+

  6. ピンバック: スズキ アクロス メットインバイクの元祖 | K.T Dogear+

  7. ピンバック: NC750S 2年6ヵ月点検!:ホンダドリーム藤井寺にて | K.T Dogear+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください