スズキ SV650は伝統あるスズキのVツインエンジン!

Pocket

個人的に一番気になっているバイクです。このスズキ SV650は、安価な600~750ccクラス唯一のV-TWINエンジンです。V型2気筒エンジンとは、簡単にいうとシリンダーをVの字に配置するエンジンのことです。振動バランスがいい90度の角度だと一次振動がゼロに近くなります。

SV650がライバルと異なるのはエンジン

出典 http://www1.suzuki.co.jp/

NC750やMT-07などのパラレルツイン(直列2気筒)と比較して、コストのかかるVツインで、同じような70万円代前半というバーゲンプライスなバイクです。

僕は以前、VTR250というホンダのバイクに乗っていました。ホンダのVツインは燃費もよく、走りのいい楽しいバイクでした。Vツインの良さはその時に味わっているので、SV650が出たときはショックでした。

645ccの水冷V型2気筒エンジンは、76.1PSもの最大出力と、6.5kgf・mもの最大トルクを車重197kgの車体に与えています。また、実燃費に近いWMTCモードで、リッターあたり、26.6kmもの燃費は、レギュラーガソリンという点もあって、維持費も大型にしては安くすませられる要因となっています。

タイヤサイズは、フロント120/70ZR17、リア160/60ZR17となっています。リア160という幅のタイヤにより、軽快なハンドリングとなっています。1気筒毎に2本のプラグを使用する、デュアルスパークシステムにより、スムーズな出力特性を持っています。

ローRPMアシストは、発進時のエンストや低速時走行などに役立つ、エンジンの回転の落ち込みによる出力低下を抑える機能です。2018年モデルまでは、2POTだったブレーキが、2019年モデルからは、対向4POTに変更されています。

スズキ SV650 ABSスペック表

スズキ SV650 ABS
最大出力 kW(PS)/rpm 56(76.1)/8,500
最大トルク N・m(kgf・m)/rpm 64(6.5)/8,100
車体サイズ 全長×全幅×全高 mm 2,140×760×1,090
車両重量 kg 197
燃料タンク容量 L 14
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン

グラディウスはなぜ買わなかったのか?

僕がNC750Sを購入した当時、スズキにはグラディウスという某コ○ミのゲームみたいな名前のバイクがありました。形もスペックも自分好みで、正直迷いました。しかし、当時のスズキは400ccモデルのみが国内正規扱いで、650ccのグラディウスは残念ながら逆輸入車扱いでした。

スズキの逆輸入車の販売チャンネルは、モトマップです。モトマップの車両はスズキの正規販売店でも購入可能です。しかし、逆輸入車で一番問題なのは、諸費用が高いことです。


排気ガスの検査や、保安部品の国内基準の検査代がかかるので、国内正規扱いの車両より、最低でも10万円以上は割高になってしまいます。中古も考えたのですが、スズキの中古車はバンディット250で痛い目にあっているので、やめました。

SVシリーズは海外では定番シリーズ

1998年にデビューしたSV400の上位バージョンとして、1999年より販売開始されたのが、SV650シリーズです。ネイキッドのSV650と、ハーフカウル装備のSの2種類がありました。軽くて、そこそこ馬力がありちょうどいいサイズのミドルクラスとして海外では人気がありました。

1980年代より生産されているVTシリーズより、長くはないですが、SVシリーズも、(間にグラディウスがあったとしても)息の長い伝統のあるバイクなのです。

SV650の新型の開発にあたって一番やりやすかったポイントは、エンジンを新規開発しなくてもいい点でしょう。定評のあるSVシリーズのエンジンを改良して流用することは、開発コストを下げると同時に、熟成された実績のあるエンジンを使うことが出来るからです。

SV650はライダーの最高の相棒になりうるバイクだ!

出典 http://www1.suzuki.co.jp/

軽い車体に、実績のあるエンジン、燃費も良く値段も安いと、まさに3拍子揃ったバイクです。NC750Sを気に入っているので、今は乗り換えませんが、将来的にこのバイクの後継車は、充分候補になると思います。

大型の2気筒バイクは、ホンダはNC750シリーズ、ヤマハはMT-07、XSR700、カワサキは、Z650やNinja650と充実したラインナップになっています。その中でもライダーにとって、SV650は安価で楽しいバイクで、スズキの良心といっても過言ではないと思います。

※2018追記

筆者とSV650X

2018年から、ネオレトロな外観のSV650Xが追加されました!セパレートハンドルにタックルロールシート、ロケットカウルのようなカウル形状といい、カッコいいバイクです。価格は、78万円(税込み)で、かなり欲しくなったバイクです。

*2019年10月追記

兄のSV650 ABS

2019年10月に兄が新しいバイク、ヨシムラっぽい黒赤カラーの2018年型SV650を新車で購入しました!音は、まさしくV-TWINのドコドコした感じで、スズキらしいいい排気音がノーマルマフラーでもしています。

タイヤは、ダンロップのロードスマートで、ツーリング向けのラジアルタイヤというセレクトは、SV650にぴったりなセレクトだと思いました。思った以上にコンパクトなバイクで、乗りやすそうな感じがしました。

バイクの記事はこちら

 

6 thoughts on “スズキ SV650は伝統あるスズキのVツインエンジン!

  1. ピンバック: ヤマハ MT-07 軽快なハンドリングのミドルクラスバイク! | K.T Dogear+

  2. ピンバック: カワサキ Ninja 650とZ650は豪華装備のパラツイン! | K.T Dogear+

  3. ピンバック: スズキ アクロス メットインバイクの元祖 | K.T Dogear+

  4. ピンバック: NC700シリーズは画期的なバイク! | K.T Dogear+

  5. ピンバック: 第34回 大阪モーターサイクルショー2018:その3スズキ・ヤマハ編 | K.T Dogear+

  6. ピンバック: NC750S 2年6ヵ月点検!:ホンダドリーム藤井寺にて | K.T Dogear+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください