フィルモアの奇跡1

Mike Bloomfield(マイク・ブルームフィールド)の伝説

どんな時代にも天才というのは必ずいます。マイク・ブルームフィールドは、1960年代の白人のギタリストの中でも抜き出たテクニックとトーンを持つギタリストでした。ホワイトブルースとは、黒人がやっていたブルースを白人のギタリストがやっていたことを現す名称です。


ホワイトブルース界最高のギタリスト

マイク・ブルームフィールドは、1960年代初頭にポール・バタフィールド・ブルース・バンドに加入し、エルヴィン・ビショップとの息の合ったツインギターで頭角を現していきます。

1965年には、Highway 61 Revisitedで、ボブ・ディランのアルバムに参加し、アル・クーパーと知り合います。そして、翌1966年にポール・バターフィールド・ブルース・バンドのセカンドアルバム”EAST-WEST”が発表されます。

9曲目のEAST-WESTで、東洋のフレーズと西洋のフレーズを弾き分けるという離れ業を成し遂げています。このあたりは、ラヴィ・シャンカール(インドのシタール奏者)の影響が大きいでしょう。極上のトーンのブルースギターも健在で、エルヴィン・ビショップとのかけ合いも最高です!

マイクは、この後1967年に新しいバンド、エレクトリック・フラッグを結成するもののファースト・アルバムをリリース後脱退します。

アル・クーパーとのセッション

出典 https://www.amazon.co.jp/

1968年にロックにとって記念碑的作品が世に出ました。”Super Session”というアルバムは、マイク・ブルームフィールドと、アル・クーパーがジャムセッションする様子をスタジオ盤で出すという画期的な試みでした。

3曲目以外は、A面ほぼインストという強烈なアルバムでマイク・ブルームフィールドとアル・クーパーのオルガンの強烈なコンビネーションはもちろんのこと、エレクトリックフラッグ時代からのベースのハーヴェイ・ブルックスやドラマーのエディ・ホーもしっかりとしたリズムで支えています。

しかし、一番凄いのはマイク・ブルームフィールドのギターです。特に1,2,5のブルースギターは、クリーンからクランチの極上のトーンです。おそらく、名器と呼ばれた59年製のギブソン・レスポールとフェンダー系のアンプの組み合わせだろうと思います。

しかし、5曲目のReallyを録り終えた時点(なんとセッション2日目!)で、当時不眠症だったマイク・ブルームフィールドが姿を消すというとんでもない事態が起きます。

そこで、後半であるB面にはスティーヴン・スティルスが呼ばれます。スティーヴン・スティルスは、バッフォロー・スプリングフィールドのギタリストです。B面のキモは7曲目の”Season of The Witch”(魔女の季節)です。


B面の曲の大半はボーカル曲です。ギターは、リード主体というよりバッキング込みのイナタい雰囲気で、マイク・ブルームフィールドとは違ったタイプのプレーヤーです。

スティーヴン・スティルスは、このセッションの後にCSN&Yで歴史的名盤「デジャ・ヴ」を発表します。個人的に好きなギタリストの一人です。

これより後にリリースされた”The Live Adventure of Mike Bloomfield and Al Kooper”(フィルモアの奇蹟)の1968年のフィルモア・ウェストのライブでも、マイク・ブルームフィールドが3日目に不眠症でダウンし、代役としてエルヴィン・ビショップやカルロス・サンタナが呼ばれました。

その時、アル・クーパーが観客にマイクがいなくなった経緯を説明するのですが、不眠症のマイクに対して「そんな状態でもライブをしてくれたことは本当に尊敬してるんだけど」とMCで言っていて非常に困惑している様子がわかります。

スーパー・セッションとフィルモアの奇蹟は、ロックにおけるジャム・セッションブームを引き起こしたアルバムでした。オールマン・ブラザーズ・バンドのAt Fillmore Eastと並ぶライブアルバムが、フィルモアの奇蹟なのです。

マイク・ブルームフィールドのその後

出典 https://www.amazon.co.jp/

マイク・ブルームフィールドは、その後、ソロアルバムやライブ盤を発表したりしますが、1981年に麻薬中毒のために38歳で亡くなります。偉大な足跡を残したマイク・ブルームフィールドですが、ちゃんとしたバンドに在籍していたら、もう少し違った結果になっていたかもしれません。

マイク・ブルームフィールドの実力は、当時最高のギタリストと呼ばれていたエリック・クラプトンに比肩するほどのものでした。ジミ・ヘンドリックスが革命的なギタリストなら、温故知新というべきギターを弾いていたのがマイク・ブルームフィールドだったのです。

特に、トーンの素晴らしさは他にない魅力を持っていました。不眠症や麻薬中毒がなければ、ちゃんとしたメンバーを集めてスーパーバンドを作っていたかもしれません。そういったムラっ気を含めての天才であり、マイク・ブルームフィールドの魅力なのです。

Rockの記事はこちら

今回紹介するアルバムは、アメリカの濃いブルースバンド、The Butterfield Blues Bandの名盤、"EAST-WEST"です。1960年代中盤に、強烈なインパクトを残した名盤について語っていきます。目次 この記事の内容 マイク・ブルームフィールドとの出会い ポール・バターフィールド・ブルース・バンドについて EAST-WEST解説 その後のマイク・ブルームフィールドとポール・バターフィールド マイク・ブルームフィールドの使用機材マイク・ブルームフィールドとの出会い不世出のギタリスト マイク・ブルームフィールド筆者(tkd...
EAST-WEST:ポール・バターフィールド・ブルース・バンドの傑作! - K.T Dogear+
アメリカのフォークの貴公子ボブ・ディランは1965年から1966年にかけてフォークロックの名盤ともいわれる3枚のアルバムを発表しました。今回は、ボブ・ディランと関係の深いロック・ミュージシャンについて語りたいと思います。ザ・ビートルズとの関係ボブ・ディランに影響を受けたビートルズイギリスの偉大なバンド、ザ・ビートルズは、1964年8月の全米ツアー中に、ボブ・ディランと初めて会いました。場所は、マンハッタンのデルモニコ・ホテルです。ビートルズの各メンバーは、1964年1月のフランス公演の際に、"Freewheelin&#0...
ボブ・ディランとロックミュージシャンの関わりについて - K.T Dogear+
世界3大ソリッドギター(ボディに空洞がないタイプのエレキギター)といえば、ギブソン レスポール、フェンダー ストラトキャスター、そしてフェンダー テレキャスターの3本です。■テレキャスターはソリッドギターの元祖的存在FENDER TELECASTERは、1949年にエスクワイヤーとして販売されたモデルがベースです。エスクワイヤーは、世界初の(諸説あるが実質的に)量産型のソリッドボディ(ボディに空洞のない)エレキギターでした。レオ・フェンダーは、工業製品として作りやすい設計をエスクワイヤーに施していました。ボディをアーチ...
フェンダー テレキャスター使いは曲者揃い? - K.T Dogear+
前回、マイク・ブルームフィールドの記事を書き、今回は関連企画としてギブソン・レスポールについて紹介したいと思います。僕自身もレスポールモデルを愛用していまして、今回はHeritage H-157というメインギターについても解説していきます。■理想のトーンを求めて僕の理想は、デュアン・オールマンやカルロス・サンタナのトーンだったので必然的にレスポールを手に入れることとなりました。最初に買った青いギブソン レスポール・スタジオモデルは、あまりいい音がしなかったので、ネックの交換されている1990年代のフェンダー・ア...
Gibson Les Paul ModelとHeritage H-157について - K.T Dogear+
2000年以降、衝撃を受けたアルバムの中に、The Mars Voltaの"Frances the Mute"があります。2005年発表のマーズ・ヴォルタのセカンドアルバムは、現代におけるプログレの進化系ともいえるサウンドでした。■衝撃的なアルバムボーカル曲もありますが、長いインストと強烈なバンドサウンドのアルバムです。プログレッシブロックのような長さの10分以上の曲とか、リズム隊の叩きつけるかのようなビート、アグレッシブなギター、気合の入ったセドリック・ビクスラー・サマラのハイトーンのボーカルなど、特徴を挙げたらきりがあり...
The Mars Volta:プログレの継承?これぞごった煮ROCK! - K.T Dogear+
ようやく名盤シリーズも終わり、ここからは、ロックがもはや流行していない時代でも続けている愛すべきバンドやミュージシャンを紹介していきます。■アンダーグラウンド上等!それこそがRock!過去編では、日本であまり知られていないバンドや、隠れた名盤などを解説します。21世紀以降のロックを発展させようとしているあきらめの悪い連中の話もしていきたいと思っています。■エレクトロニカやEDM以降のロック出典 https://www.amazon.co.jp/色々とKID Aについて書いていたとおり、ロックの世紀は終焉しました。アンダーグラウンドこ...
Rockの新シリーズ開始! - K.T Dogear+
created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

Mike Bloomfield(マイク・ブルームフィールド)の伝説」への7件のフィードバック

  1. ピンバック: Rockの新シリーズ開始! | K.T Dogear+

  2. ピンバック: Duane Allman スカイドッグと呼ばれたスライドの名手 | K.T Dogear+

  3. ピンバック: 対照的なベーシストについて:ビル・ワイマンとジャック・ブルース | K.T Dogear+

  4. ピンバック: ボブ・ディランとロックミュージシャンの関わりについて | K.T Dogear+

  5. ハイメ

    ブルームフィールドは、常にスローブルースで納得させるソロを弾くことができる、という、ジミヘンにもクラプトンにもできない芸当ができました。ジミはいい時は本当に素晴らしいのですが、うまくいかない時も多いし、クラプトンは職人的には完璧なんだが「イマイチ」も多い。ブルームフィ―ルドのプレイはァ―シーなものからモダンなフィーリングのものまであるが、彼はどのような場合も、決してありきたりな白人ロックにはならず、黒人とも違う、一種の昇華されたブルースというものになりました。あと独自の、モードによる速弾きを活かしたプレイでの孤高の音楽的世界も持っており、再評価されるべきアーティストだと思います。

    返信
    1. dogearsite
      p90dogear 投稿作成者

      ハイメさん、はじめましてこのブログを運営しているp90dogearことtkd69です。僕のブルームフィールドのイメージは、ブルース弾かせても、モダンなソロ弾いてもうまいギタリストというものです。バターフィールド・ブルース・バンド時代のテレキャスターや、後のレスポールを使った絶妙なトーンなど本当に素晴らしいギタリストです。
      クラプトンやジミヘンほど、日本では有名ではありませんが、ハメイさんのように、音楽に詳しい人の評価が高く、もっとブルームフィールドの知名度が上がって欲しいと思います。

      返信
  6. ピンバック: EAST-WEST:ポール・バターフィールド・ブルース・バンドの傑作! | K.T Dogear+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください