ヤマハ セロー:どこでも走られるトレールバイク!

前回は、ジムニーのことを書いたので、バイクのオフロード車の代表格であるヤマハ セローを紹介します。実は、オフ車はどこでも走られるオールラウンダーなバイクで、取り回しも軽く、ツーリングに向いています。

ヤマハのロングセラーも生産中止?

冬はロードバイクだと、転倒のリスクが高く、なかなか走るのに覚悟が必要です。トレールバイクの代表格、セローなら気軽に出かけることが出来ます。

セローは、225ccのトレールバイクとして1985年に販売されました。スペック重視の時代に逆行するような、どこでも走られる足つきのいいオフロードバイクとして開発され、空冷OHCの単気筒エンジンという、軽量で低速でも粘りのあるパワーユニットを採用しました。

SEROWとは、カモシカのことで、とことこ走る二足二輪というコンセプトにふさわしいバイクだったのです。セローは、オフロードやツーリングを愛するライダーに支持され続け、2004年まで生産されました。

2005年には、フルモデルチェンジしたセロー250が発表されました。250ccとなったエンジンは、以前よりパワーがあり高速道路での走行性能が向上しました。

フレームが一新したことで、外観も大きく変わり、ツーリング性能を向上したモデルに生まれ変わったのです。トレールモデルとしては、先代セロー225の方が10kg軽く、こちらを好むライダーもいますが、総合力という点では250の方に軍配が上がります。

セロー250もロングセラーとなり、林道を含めたツーリングに最適なバイクとして支持され続けました。しかし、2017年には、排ガス規制のため生産終了が発表されています。同じくロングセラーのSR400も含めての生産終了は、多くのライダーにとって事件でした。

しかし、ヤマハはセローの新型を開発中であると発表しているので、来年あたりのモーターショーが楽しみです。

日本の林道にセローが最適な理由とは?

ジムニーの記事でも書きましたが、日本の林道は狭いです。大きなサイズのバイクより、小排気量のオフロード車なら軽量なため、Uターンも容易です。

大排気量のオフロードバイクの代表格、アフリカツインやスーパーテネレより250ccクラスのオフ車の方が、林道走行に向いているのです。その中でも、足つきが良く転倒しても壊れにくいセローは、最も林道に適したモデルといえるでしょう。

最近登場したホンダCRF250Lは、フルサイズのオフロードバイクです。以前、試乗したときには、セローよりも足つきは悪いですが、結構サスが沈むので、そこそこ取り回せられるように感じました。


ただ、燃料タンクの容量が7.8Lと少なく、車重も144kgとセロー250よりも14kg重いので、トレールバイクとしては、セローの方が上でしょう。ただ、エンジン最高出力は、24PSとセロー250の18PSを上回っていますので、高速巡航が多いならCRFをおすすめします。

同じクラスでおすすめのオフ車といえば、カワサキのKLX250ですが2016年に生産終了しています。

※セロー250スペック(最終型)

ヤマハ セロー250
最高出力 kW【PS】/rpm 14【18】/7,500
最大トルク N・m【kgf・m】/rpm 18【1.9】/6,500
車体サイズ mm 2,100×805×1,160
車両重量 kg 130
燃料タンク容量 L 9.6
使用燃料 無鉛レギュラー

セローの登場するマンガ

出典 https://www.amazon.co.jp/

セローの登場するマンガといえば、新谷かおるの『左のオクロック』です。月刊少年キャプテンで1988年に連載されていました。主人公篠崎由宇が、バイクで日本1周をするツーリング漫画です。

主人公の愛車が、ヤマハ セロー225だったことからわかるとおりバリ伝や風を抜けとは、一線を画するバイク漫画でした。結構人気があり、徳間ジャパンからOVAとしてアニメ化されています。

新谷かおるは、『ふたり鷹』でもバイク漫画を描いているので、そちらもおすすめです。

セローは今が買い時?

セローは、生産終了となり、来年に新型が出る可能性があります。しかし、バイクに限らず初期ロットの製品にはトラブルがあったりします。長期間製造された最終型のセロー250を新車で買うなら在庫車の残っている今しかありません。

中古でいいなら、新型が出た後の方が値段が安くなるので待ちましょう。その場合はなるべく信頼できるショップで購入するといいでしょう。

セローは、ツーリングにも、林道にも適したバイクです。理想は、大型バイクとオフ車の2台体制ですが、駐輪スペースが限られているため、しばらくはNC750Sの1台体制のままでしょうね(涙)。

※2018年8月追記

2018年8月31日から、新型セロー250の販売予定です。空冷のままで復活し、外観や仕様などに大幅な変更はありません。マイナーチェンジのようですが、エンジンの最大出力は2PSアップの20PS、最大トルクも0.2kgf・mアップの2.1kgf・mです。

セローが販売継続ということになり、国内メーカーの250ccのオフ車がCRF250L/ラリーと選択できるようになりました。後は、カワサキやスズキからもリリースして欲しいところです。

2019年12月追記

ヤマハは、2020年1月に販売されるセロー250のファイナルエディションを持って、35年の歴史に終止符を打つと発表しました。つまり、このファイナルエディション以降のセローは生産されないことになるのです。

入れ替わるようにしてカワサキからKLX230の販売が開始されましたが、長年トレール車の定番だったセローがなくなるのはとても寂しいことです。

セローの関連記事はこちら

カワサキから、KLX250の後継であるKLX230が販売されました!230ccという排気量なので、セローのようなフレンドリーな路線かと思いましたが、かなり本格的なオフローダーになっています。目次 この記事の内容 今までの230ccクラスのトレール車との違い KLX230の特性について ライバルはセローとCRF?選択肢が広がったトレール車今までの230ccクラスのトレール車との違い出典 https://www.kawasaki-motors.com/ KLX230のブラックカラーカワサキから、KLX230が発表された時、筆者が思い浮かべたのは、フレンドリーな230ccクラスのバイク...
カワサキ KLX230:扱いやすく本格的なトレールバイク! - K.T Dogear+
カワサキ KLX250は、生産終了となった今でも人気のフルサイズ250ccトレール車です。KLX250に搭載されていた水冷単気筒DOHCエンジンは、以前紹介したNinja 250SLにも流用された優秀なエンジンです。目次 この記事の内容 スパルタンなKLX250SR モデルチェンジでKLX250に名称を変更 排ガス規制の影響でマイルドになった最終型 KLX230の発表で受け継がれたトレール車!スパルタンなKLX250SR出典 https://www.goobike.com/ KLX250SR今でも人気のあるのが、カワサキKLX250/SRです。2ストロークのKDX220SRと併売されていた実績のあるマシ...
カワサキ KLX250:今でも人気の絶版オフロードバイク! - K.T Dogear+
今回は、前回でXLR250RとXR250の紹介をしたので、コンセプトの異なる車名の似たバイク、ホンダ XR230の解説をします。XR230は、SL230の後継バイクです。223ccの信頼性の高い空冷エンジンと、オフ車の中でも805mmというシート高による足つき性のいい、取り回しのいいバイクでした。XR230の得意なフィールド出典 https://www.honda.co.jp/ XR230の白筆者がCRF250Lを購入を検討していたとき、XR230は候補の一つでした。というのも車重が120kgと軽く、シート高805mmのフレンドリーさ、223ccの空冷単気筒SOHCエンジンは、XLR200Rのものをボ...
ホンダ XR230:扱いやすさに長けたオフ車! - K.T Dogear+
筆者の乗っているCRF250Lの前のホンダのフルサイズ250cc4ストロークトレールバイクといえば、XLR250Rとその後継のXR250です。ホンダのフルサイズ250ccオフ車は基本的にセローと異なるコンセプトで作られていて、XLRとXRは、オールマイティな使い方に適したバイクでした。CRF250Lが受け継いだ伝統XR250の前期型昨年に購入してから、かなり馴染んできたホンダ CRF250Lですが、乗れば乗るほど良さが解ってきました。トルクのある250ccの水冷単気筒エンジンは、思った以上にオンロードでも扱いやすく、高速道路も充分走られます。また、オ...
ホンダ XLR250R/XR250:オールマイティなオフローダー! - K.T Dogear+
今回は、2018年から再販されたヤマハ SR400について紹介していきます。息の長い空冷単気筒のロングセラーで、筆者の友人が好きなバイクでした。SR400との関わり2019 大阪モーターサイクルショーに展示されていた再販モデル個人的にSR400との直接の関わりは、まだ3ピースのバンドを組んでいたときに、大阪の寺田町でライブしていたときの対バンのメンバーが、乗ってきたバイクがSRでした。そのときのやんちゃな僕のバンドのベーシストが、SRが好きで乗せてもらって喜んでいたのを思い出します。その当時は、キックでキャブ(今ではイン...
ヤマハ SR400:変わらないことが魅力のロングセラーバイク! - K.T Dogear+
今回は、ヤマハ DT230 LANZAを紹介します。前回紹介したCRM250ARとほぼ同時期のデュアルパーパス2ストマシンでしたが、1998年に国内販売終了となりました。DT230 LANZAは2スト版セロー?出典 http://www.bikebros.co.jp/DT230 ランツァは、1996年に販売開始されました。国内の2ストローク車は、年々厳しくなる排出ガス規制のせいで、90年代末には販売終了に追い込まれました。ランツァもそのうちの1台でした。僕が、このランツァのことを思い出したのは、2010年頃にバンディット250を購入する前に南大阪の2ストローク車を大量に置いて...
ヤマハ DT230 LANZA(ランツァ):ヤマハ最後の軽2輪2ストオフローダー! - K.T Dogear+
ダカールラリーは、ラリーレイドと呼ばれる競技の中でも過酷なレースで知られています。砂漠や山岳地帯を含めた8,000kmを2週間で走破するという、クルマやバイクの限界に挑戦するような試みのラリーは、1978年に第1回大会が開催されてから続いているのです。■ホンダのダカールラリーへの挑戦ダカールラリーに参戦したCRF450 ラリーホンダチームは、ダカールが以前のパリ・ダカールラリーだった1981年から参戦しています。その頃はNXR750で参戦し始め、1982年に初優勝し、1986~1989年には、4連覇を果たすという快挙を成し遂げました。...
ホンダ CRF250 ラリー:ラリーマシンCRF450 ラリーのレプリカ? - K.T Dogear+
メルセデス・ベンツの究極の4WD車といえば、Gクラスとウニモグです。Unimogとは、Universal-Motor-Gerat(多目的動力装置)の略で、様々な分野で使われている作業用の車両です。■ウニモグは究極の4WD作業車!ウニモグの特徴は、圧倒的な悪路走破性能と、多数のアタッチメントによるフレキシブルな運用が可能なところです。ウニモグの活用範囲は、軍事や消防、除雪や清掃、災害対策など多岐にわたっています。稀に個人ユーザーがキャンピングカーとして活用していたり、日常の足にしている場合があるようです。現行のウニモグは、2013年...
メルセデス・ベンツ ウニモグ(Unimog)とエリア88 - K.T Dogear+
新谷かおるの白熱の戦闘巨編、『エリア88』は筆者(tkd69)にとって心のバイブルとでもいうべき漫画です。今回の完結漫画の名作シリーズは、以前ウニモグのことを書いた時にも紹介した『エリア88』について語っていきます。目次 この記事の内容 悲運の1980年代のジェット戦闘機 多数の戦闘機が登場する地獄の戦場 裏切られて外人部隊のパイロットとなったシンと仲間達 7人の戦士達の鎮魂 戦闘機漫画の金字塔悲運の1980年代のジェット戦闘機10巻 P150 主人公風間真の愛機F-5G(F-20)タイガーシャーク近代戦において重要な制空権で...
エリア88:戦闘機マンガの最高峰は白熱の戦闘巨編 - K.T Dogear+