Su-57:最強のF-22に迫る実力の第5世代戦闘機

ロシアの最新鋭第5世代戦闘機Su-57T-50としての試験が終了しつつあり、量産が開始されはじめています。区分的には、マルチロール機(多用途戦闘機)になりますが、制空権を獲得するための空戦能力の高い機体であり、米軍最強のF-22ラプターに迫る実力のステルス機です。

目次 この記事の内容

  • 目指すは最強の戦闘機
  • ステルス性能はアメリカ製が上
  • 安価なSu-57

目指すは最強の戦闘機

T-50としてMAKS2011に参加していた機体

第二次世界大戦以降、通常兵器のみの戦場において、重要なのは制空権を獲得することです。この目的のために重要なのが戦闘機であり、現代においても、変わることはありません。

ロシアは、Su-27フランカー、Mig-29フルクラム、Su-35などの優れた戦闘機がありますが、第4世代機ではアメリカの第5世代機のF-22ラプターや、F-35ライトニングIIには対抗できなくなることから、ステルス機能のある第5世代機を開発していました。

レーダーに発見されないステルス戦闘機を実用化したのは、2005年から初期作戦能力(IOC)を獲得したF-22からであり、ロシアは第5世代機の開発競争において出遅れたことになるのです。

ロシアが、第5世代戦闘機のPAK FA計画と呼ばれる研究開発を始めたのは1998年のことでした。ロシアの2大戦闘機メーカーである、スホーイ、ミコヤン両社の設計案のうち、2002年に採用されたのが、T-50という設計名称のスホーイ案でした。

後にSu-57と改称されるT-50のコンセプトは、第5世代機としてのステルス性を確保しつつ、F-22を凌駕する運動性能を持つ制空戦闘機を開発することでした。

機体は当然ながら双発機(エンジン2基)であり、また新型エンジンAL-41F1(後にIzdeliye30へと変更予定)採用によって、スーパークルーズ(アフターバーナー無しで超音速巡航可能)も可能で、ウェポンベイに兵装を内蔵できるようになっています。

ステルス性能はアメリカ製が上

T-50(スホーイ57)の下面ウェポンベイ(機体中央)によってスッキリしている

ぶっちゃけ、F-22を意識して後発で開発されているため、カタログスペックのSu-57は優れた数値を叩き出しています。しかし、F-22とF-35のステルス性能には追いついていません

これは、RCS値と呼ばれるレーダー反射断面積において、F-22が0.0002-0.00005m2なのに対して、0.1-1m2となっています。F-35は、0.0015-0.005m2で、4.5世代機のF/A18E/Fですら、0.1-1m2のステルス性能を持っています。

また、ステルス機の天敵ともいえる低周波レーダーに対する対応が出来ているのが、F-22とF-35であり、Su-57はこの低周波レーダー対策がとられていません。外観上でも、機体に継ぎ目が少なく、ステルス性能の高いアメリカ製と比較すると、Su-57は明らかに一歩遅れた第4世代機の延長線上の機体形状をしています。


しかし、AL-41F1による偏向ノズルはピッチとヨー方向の3次元方式であり、エンジン出力は1基あたり(アフターバーナー使用時)147kNとF-22のF119-PW-100の165〜173kNには及ばないものの近い数値は出ています。また、新型エンジンの開発中であり、そちらの推力が向上する可能性があります。

最大速度は、F-22と同等のマッハ2とされ、Su-35よりは低くなっているもののステルス性能を持ちつつ、十分な速力を確保していると言えます。凄いのが、実用上昇限度で、高度2万mまで可能です。

Su-57 スペック表

Su-57 (初期ロット)
全長×全幅×全高 mm 19.8×14×6.05
空虚重量 kg 18,500
全備重量 kg 28,800
エンジン推力(ドライ)kN 93.1
エンジン推力(アフターバーナー使用時)kN 147
燃料容量 kg 10,300
最高速度 マッハ 2
巡航速度 km/h 1,300〜1,800
航続距離 km 3,500〜5,500
実用上昇限度 m 20,000
離陸距離 m 300〜400

あくまでも新型エンジン搭載前の初期ロットでの性能ですが、かなりF-22を意識したものとなっています。実際の評価はこれからになりますが、ステルス性能をある程度確保しつつ、運動性の高いスペックになっています。特に、偏向ノズルはアメリカ最強のF-22を凌駕する3次元方式で高い運動性を誇っています。

T-50(Su-57の試作機)は、2010年に初飛行し、2017年から生産されています。現在のところ、配備状況は試作機が2018年にシリアにて実戦に投入されたというアメリカの報告がありました。

2019年現在では、先行量産機がロシア航空宇宙軍にてテスト中とのことです。前述のシリアでの実戦テストのデータと合わせて、今後の量産機に反映する予定とのことです。

攻撃機としての能力も求められるF-35よりも高い機動性を誇り、F-22に対抗できるだけの空戦能力があります。残念なのは、ステルス性能で、F-22やF-35に大きく劣りF/A18E/Fスーパーホーネットと同等というのは、第5世代機としては物足りない数値です。

安価なSu-57

T-50(スホーイ57)の上面

そして、一番驚くべきことが、これだけの性能のSu-57の調達価格です。ロシアの発表によると、76機のSu-57の調達価格が約26億3,000万ドルということです。これは、1機あたりの価格が3,400万ドル(34億円)ということで、ライバルのF-22の1億5,000万ドルよりもかなり安いということになります。

ただ、この価格は単純に生産コストのみで計算されている可能性が高いです。前述したF-22も開発コストを上乗せすると1機あたり4億ドルという価格(400億円)となるので、Su-57も兵装などをセットにすると5,000万ドルは超えて来ると言われています。

ロシアの人件費の安さや、プーチン大統領の政治的判断によって、意図的に安い購入費用にされたとも言われています。

アメリカは、最新鋭のF-35Aの調達価格を大量に生産することで、徐々に安くしていっています。今のF-35Aの機体価格は、アメリカ本国の場合1機あたり8920万ドルと言われており、将来的にはもっと安くなる可能性があります。

それでも、アメリカのF-35Aの半額で買えてしまうSu-57の価格は驚異的です。トルコが、Su-57の導入について言及するのも無理はないと思います。

航空自衛隊が、購入しているF-35Aの価格は1機あたり117億円と言われています。ということは、これから交渉次第ではもっと安く調達する可能性はあります。前にF/A18E/Fについて書いたときに、F-4EJの後継を決めるF-Xでスーパーホーネットを購入するべきだったと書きました。

これは、制空戦闘機としてのスパホの能力や、F-35の開発状況の問題、運用コストを総合的に考えた上での結論でした。また、F4EJの耐用年数の問題からも完成した機体の方が、調達する上で有利だと思ったからです。

F-22ラプターを購入できないなら、双発で安価なスパホもありだと思うのですが、F-35Aの調達価格が下がってくるなら、話は変わってくると思います。しかし、今のところ日本の航空自衛隊に配備予定のF-35Aは1機あたりの購入価格がFMSによってかなり高めに設定されています。

Su-57はロシア製なので、日本が購入することはありませんが、コストパフォーマンスの高い機体であることは間違いなさそうです。ただ、ステルス性能は4.5世代戦闘機並みというところが弱点ではあります。

航空機の関連記事はこちら

F-35ライトニングIIは、アメリカの開発したマルチロール機(多用途戦闘機)でロッキード・マーティン社が中心となって製造しています。ステルス機としての能力であるRCSはF-22Aとほぼ同程度で、見えない距離からの攻撃能力に優れ、3つのタイプを共通の機種で用途毎に用意するなど、画期的な第5世代機です。目次 この記事の内容 F-35の開発経緯について 意外と伸びた開発期間 F-35のステルス性能について 最新のアビオニクスと360度の視界 航空ショーで見せた機動力について 各タイプについて解説 各国の配備状況と航空自衛隊のF...
F-35ライトニングII:各タイプの解説と日本の防衛について - K.T Dogear+
日本は核兵器を所有せず、日米安保条約によって、アメリカの核の傘に守られている国家です。核兵器への対処は、積極的に行うべきですが、イージス・アショアという無意味且つ非効率なシステムを6,000億円以上かけて導入する意味はありません。目次 この記事の内容 湾岸戦争から構想されたミサイル防衛計画 ミサイルをミサイルで迎撃出来ないこれだけの理由 欺瞞だらけのイージス・アショア配備 トランプ政権へのおべっかのために高額な兵器を購入?湾岸戦争から構想されたミサイル防衛計画パトリオット PAC-3湾岸戦争の時に、地対...
イージス・アショア:無用の長物に税金をかける虚しさ - K.T Dogear+
アメリカ海軍は、現在新型の艦載機F-35Cの配備が遅れています。主力機として運用しているのが、F/A18E/Fスーパーホーネットになります。実は、航空自衛隊がF-Xで選定しているときに候補に上がった機体の一つで、4.5世代機に相当します。目次 この記事の内容 マグドネル・ダグラス(現ボーイング)F/A18E/Fとは? 原型となったF/A18ホーネットについて スーパーホーネットの利点 第4次F-Xでの最終選考マグドネル・ダグラス(現ボーイング)F/A18E/Fとは?着艦するF/A18Eスーパーホーネット近年では、マルチロール機が増えてきていま...
F/A18E/F スーパーホーネット:アメリカ海軍の主力マルチロール機 - K.T Dogear+
いずもの空母化は、防衛大綱に記載され、F-35Bの導入も決定的となりました。次に控えているのは、今年の3月に編成された水陸機動団の新装備として、強襲揚陸艦の導入ということになりそうです。日本版海兵隊と呼ばれる水陸機動団水陸機動団の発足式2018年3月に、日本版海兵隊ともいわれている水陸機動団が発足しました。その任務は、海から上陸し部隊を展開し防衛することです。とはいえ、揚陸するということは、真っ先に交戦する可能性が高いということです。水陸機動団とは、そういった意味で最前線で活動する部隊なのです。ぶっちゃ...
いずもの空母化の次は強襲揚陸艦? - K.T Dogear+
日本の国防上で重要なF-2戦闘機の後継として、技術実証機X-2ベースでの独自開発を断念し、国際共同開発になるという報道がありました。今回は、次期F-3の開発のプランをまとめてみました。技術実証機X-2ベースの開発の断念三菱 X-2心神もしくは、先進技術実証機ATD-Xと呼ばれていた機体は、2016年4月に初飛行する前に、X-2の正式名称が与えられました。X-2とは、1950年代のサーブ・サフィール91Bをベースにした高揚力研究機X-1Gの後継という意味があります。アメリカ同様、Xナンバーは実験機ということなので、あくまでも研究のための...
F-2後継機は国際共同開発へ - K.T Dogear+
青森県、三沢基地所属のF-16戦闘機が、増槽(ドロップタンク)を青森県小川原湖に2本投棄したというニュースが、20日に流れました。機体下部の胴体付近のパイロン(増槽やミサイルのための支柱のこと)に2本装備されている燃料タンクは、F-16の主翼下部にあります。■F-16による増槽の落下事故F-16には機体内部にも燃料タンクはありますが、長距離を飛行するために、600ガロン(2,250L)のタンクを2本、パイロンから吊り下げているわけです。そして、重要なのは訓練での通常飛行では、燃料タンクはパイロンから落下させてはならないこと...
F-16の増槽落下事故は氷山の一角?疲弊したアメリカ軍の規律の緩みとは? - K.T Dogear+
今日(2/13)の毎日新聞に、浜松ホトニクスが福島第1原発のデブリ回収用に、真空管を使った耐放射線用カメラを開発したというニュースが載っていました。■アンプだけではない真空管の活用真空管は、電気回路を増幅、検波、発振などの機能に必要な、ガラスなどの球体のことです。真空管は、内部を真空にして電極を配置した構造により、電子を制御する機能を持っています。1960年代までのテレビや、ラジオ、オーディオなどには真空管が使われていました。半導体の研究により、トランジスタが1948年に開発されると、様々な機器が小型化で...
真空管の有効活用?ミグ25と耐放射線カメラについて - K.T Dogear+
2017年の12月のニュースで、日本は国家安全保障戦略(NSS)においてF-35Bの導入と、それに伴ういずも型護衛艦の改修を行う方針であることが報道されました。■F-35Bの導入検討?F-35Bは、マルチロール(多目的)・ステルス機であるF-35のSTOVLバージョンです。STOVLとは、短距離離陸、垂直着陸のことです。全備重量(兵装と燃料を満タンにした状態)では、STOL(短距離離陸)を行い、兵装を使いきったり、燃料が少なくなった状態での垂直着陸での運用が想定されています。簡単に例えると、ヘリの着陸能力を持っている機体ということです。...
F-35Bといずもの空母化 - K.T Dogear+

Su-57:最強のF-22に迫る実力の第5世代戦闘機」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: イージス・アショア:無用の長物に税金をかける虚しさ | K.T Dogear+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください