ギブソン レスポール ジュニア購入!

Pocket

石橋楽器 心斎橋店が、移転してからしばらく経つのですが、いまだに前の店舗のイメージから抜けきれておりません。アメリカ村方面に変わってから、たまに行って消耗品など買っていました。

衝撃的な出会い

以前使っていたアメスタテレは、石橋楽器心斎橋で購入した覚えがあります。最初に買ったエレキはフェンダージャパンのストラトで、これも石橋楽器でした。

6月9日はロックの日ということで、ネットで割引キャンペーンをしていました。イシバシアプリでチェックしていたら、9万円くらいでGibson Les Paul Juniorの綺麗な中古があったので、探してみることにしました。

店のエレキコーナーは、少し奥の方にあり、新品の12万円のジュニアはみかけたのですが、中古が見当たりません。店員さんに尋ねてみると、ちょっと解りにくいところにありました。その茶色のボデイを見た瞬間、衝撃が走りました。シンプルでカッコ良かったのです。2016年製で擦り傷があるくらいの使用感の少ない中古でした。

ギター探しの記事はこちら!

新たなエレキを求めて

ギブソン レスポール ジュニアとは?

ギブソン レスポールJr.はちょっと変わったギターです。昔からギブソンの生産ラインの主力製品は、レスポールとSGです。レスポールは、50年代当時高価で、学生などが購入するには敷居が高かったのです。そこでギブソンは、マテリアルパーツを減らすことで、安価なギターを生産することにしました。

ジュニアは、手間のかかるレスポールのアーチトップ(なだらかな曲線のボディ加工のこと)を止め、トップ材のメイプルを貼り付けせずにマホガニー材だけでボディを生産しました。更に、ピックアップもP-90を1基だけブリッジ側のボディに直付けしました。そしてチューンOマチックと呼ばれるオクターブ調整機構も潔くカットし、ストップテールピースのみにすることで部品点数を減らしたのです。指板材はブラジリアンローズウッド(ハカランダ)でした。

要は、材やギターとしての重要な作りそのもののグレードを下げることなく、手間と部品点数を省くことでコストを下げたのです。ただの廉価版というわけではなく、ジュニアにしかない個性がありました。まず、軽量であることです。レスポール系のギターは、基本フェンダー系に比べて重いのですが、ジュニアはマホガニー材だけですので、非常に軽いです。


ピックアップはドッグイヤーのP-90です。ドッグイヤーとは左右の張り出しの形が、犬の耳(そのまんま!)に似ていることから名付けられました。このタイプのP-90はボディに直接マウントされるので、ボデイ鳴りをそのまま拾います。ダイレクトなトーンは、ここから生まれるのです。

シンプルでガッツのあるトーンは、ロックギタリストに好まれました。一番有名なのは、マウンテンのギターボーカルのレスリー・ウェストでしょう。レスリーは、ジュニアで印象的なフレーズを弾きました。

試奏で感じたしっくり感

SAN FRANCISCO, CA – APRIL, 1970: Leslie West and Felix Pappalardi of the music group Mountain perform in April, 1970 in San Francisco, California. (Photo by Robert Altman/Michael Ochs Archives/Getty Images)

店員に案内され、マーシャルの20Wくらいのコンボアンプにプラグインしてセッティングすると、カッティング主体から、単音リフ、リード、オブリ、少し複雑な中近東フレーズなど、色々試してみました。

クランチ気味のトーンが凄くしっくりきました。歪ませても音の粒がつぶれることなく、抜けのいいまま前に出る印象です。ボディの鳴りがいいのか、気持ちよく響きます。カッティングもSGに感じた暴れる感じではなく、粒立ちがしっかりしているのにガッツのある音です。テレの持つジャキジャキ感とは違う太さのあるP-90らしいトーンです。同じシングルコイルなのにあきらかに個性が違います。

リードでは、高域のジャリっとしたトーンではなく、ガツっとした中域の強いトーンが出せます。シングルなので、普通のギブソンのハムバッカーより、音抜けはいいです。ただ、厚みはハムの方があるのですが、鳴りがいい分充分なパワーはあります。

この時点で惚れてしまいました。やはり試してみないとギターは解りません。金利0%キャンペーンも決め手になり、7本試してようやく思っていたトーンのギターを購入することが出来ました!シングル1発だけとか、オクターブ調整とか、色々なマイナス点はありますが、工夫しだいでどうにかなるでしょう。それよりもこれだけ潔い、漢らしいギターは1本所有する必要があるでしょう。タケダロックだけに。

 

ギター関連の記事はこちら!

Mountain:巨漢のギタリストと70年代アメリカンハードロック

P-90ピックアップと搭載ギターについて

新たなエレキを求めて

ギブソン レスポール Jr. 付属品などについて

 

ギブソン レスポール ジュニア購入!」への12件のフィードバック

  1. ピンバック: ギブソン レスポール Jr. 付属品などについて | K.T Dogear+

  2. ピンバック: 新たなエレキを求めて | K.T Dogear+

  3. ピンバック: Gibson Les Paul ModelとHeritage H-157について | K.T Dogear+

  4. ピンバック: フェンダー テレキャスター使いは曲者揃い? | K.T Dogear+

  5. ピンバック: 練習用小型アンプについて考察 | K.T Dogear+

  6. ピンバック: Fender Stratocaster:思い出深いエレキギターのスタンダードモデル! | K.T Dogear+

  7. ピンバック: P-90ピックアップと搭載ギターについて | K.T Dogear+

  8. ピンバック: Mountain:巨漢のギタリストと70年代アメリカンハードロック | K.T Dogear+

  9. ピンバック: YAMAHA SGシリーズ:世界も認める国産エレキ! | K.T Dogear+

  10. ピンバック: フェンダー テレキャスター使いは曲者揃い? | K.T Dogear+

  11. ピンバック: ギブソン レスポール Jr. 付属品などについて | K.T Dogear+

  12. ピンバック: ギブソンが倒産?老舗ギターブランドの再生はあるのか | K.T Dogear+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください