ホンダドリームで見積もり:オフ車かCB250Rか?

Pocket

さっそく近所のホンダドリームにて、NC750Sの下取りと、新しいバイクの見積もりをしてもらってきました。主に相談したのは、250ccのオフロード車と、新型の単気筒スポーツCB250Rです。

ホンダドリーム藤井寺の在庫車

CB250R ABS

台風20号が通りすぎてから、少し落ち着いたのでホンダドリーム藤井寺店に行ってきました!目的は、250ccの単気筒バイクを見ることです。最初に店員のSさんに案内してもらったのは、CB250Rです。

CB250Rは、ホンダの新たなネオクラシックCBシリーズの内の1台です。250ccという125ccと1000ccの間の排気量は、このバイクが新たなホンダのネイキッドの基準となるということです。ポジション的には、以前筆者が乗っていたVTRに近いものがあります。

CB250R

250cc単気筒DOHCエンジンは、以前CBR250RやCRF250Lなどと同じエンジンです。最高出力27PS、最大トルク2.3kgf・mと単気筒にしてはパワーのある高回転型のエンジンです。

またがってみると、身長が173cmある僕でもかかとが少し浮く程度の足つきでした。シート高800mmですが、車重が142kgと軽いので取りまわしは楽そうな感じがします。若干気になったのは、意外と前傾姿勢になることとシートが固いことです。

圧巻は、ラジアルタイヤと41径の倒立フロントフォークに、ラジアルマウントされた対向4ポットのシングルブレーキです。峠を主に走るのなら、新型のCB250Rは最有力候補となります。

CRF250RALLY TypeLD

CRF250 RALLYのType LD仕様の在庫車があったので跨らせてもらいました。CRF250ラリーは、シート高が895mmと足つき性が悪いのですが、このローダウン仕様は、830mmとかなり足つきが良くなっています。

ぶっちゃけ少し大柄に見えるのですが、意外と軽快な感じがします。車重は、CRF250Lの144kgから10kg重い154kgなのですが、取りまわしが良さそうな印象を受けました。

柔らかいサスペンションの恩恵で、こちらもかかとが少し浮く程度で、足つきには問題ありませんでした。CB250Rと同じエンジンですが、中低速トルクを重視したセッティングになっています。質感はかなり高く、一番実車が格好良く見えたバイクです。

CRF250ラリーのメーター周り

本命だったCRF250Lに関しては、なぜか新車の展示がありませんでした(大汗)。以前試乗もしているのですが、マイナーチェンジされた2017年モデルが見たかったです。幸い、入荷したばかりの10,000kmくらい走行している中古車があったので跨ってみました。


シート高こそ875mmですが、スリムな車体のおかげで、爪先は両足が着きます。土踏まずのところまで両足が着いているので、144kgの車重を楽に支えることが出来そうです。

マイナーチェンジ前の車両なので、少し安っぽく見えてしまいました。これから整備して、展示するのでしょうが、安かったら中古でもいいかもしれません。というのも、普段から同じCRF250Lに乗っているIさんと話していたら、オフを本格的に走ったらコケるという結論になりました。

そうなると多少外装に傷があってもオフ車は中古で充分なのではないでしょうか?

下取りと見積もり

CRF250ラリー カウルの質感が高いことが解る

とりあえず、NC750Sの下取り価格と、CRF250LとCB250Rの新車、CRF250ラリーのローダウン仕様の1,680kmしか走っていない中古車の3つで見積もりを出してもらいました。

Iさんによると、オフロードを走るならアンダーガードとハンドガードは必須のようなので、CRF250Lにはカタログに載っていた社外品のアンダーガードと、ZETAのアーマーハンドガードとナックルガードを装備してもらい、デイトナのリアキャリアも付けてもらうことにしました。ETCはNCに付けていた一体型を移設してもらいます。

CB250Rには、ナンバープレートフックの移設とETCの移設とヘルメットホルダーを付けてもらいます。中古のCRF250ラリーには、最初から別体型のETCとリアキャリアが付いているので、特にオプションは付けていません。ナックルガードは樹脂性のものが付いていますし、アンダーガードはカウルと一体型のものが最初からあります。

これに、3年分の自賠責保険と3年のメンテナンスパック(オイル交換込み)に加入します(2018年8月追記メンテナンスパックの金額は下記の見積もりには反映されていません)。

CB250Rのハンドル周り

NC750Sの下取りが、ホンダドリームの新車買取保証(3年以内15,000km未満)で31万円で満足のいく結果となりました。CRF250Lが59万4,000円、CB250Rが54万5,000円、CRF250ラリーが、58万3,900円という見積もりになりました。

ヘルメットは、オンにしてもオフにしてもそろそろ新しいものを買う必要があります。問題は、ここからオフロードブーツや、プロテクター類を揃える必要があるということです。

オフロードを走るために必要な費用は、CB250Rよりもプラス10万円ということになります。CRF250Lは、オプションとプロテクターやブーツなどの一式で11~12万円かかるという計算になります。

CB250Rが一番、お金がかかりません。CRF250Lにするならば、装備一式を揃えないと悪路は走れません。ラリーは、少し中途半端な使い方にも適しているのですが、綺麗な外装を汚すのがもったいなくなるので、林道をあまり楽しめないかもしれません。

今日、入荷したCRF250Lの中古の査定が完了したら連絡をくれることになっています。色々と悩むのも楽しいですが、お金に余裕があればもっと良かったです(大汗)。

バイクの関連記事はこちら

新しいバイクはホンダ CRF250Lに決定!:人生初のトレールバイク!

今後のバイクライフを真剣に考える:250cc単気筒のバイクか車検か

ホンダ CB250R:ライトウェイトシングルスポーツの血統とは?

NC750S 2年6ヵ月点検!:ホンダドリーム藤井寺にて

ホンダ CRF250 ラリー:ラリーマシンCRF450 ラリーのレプリカ?

 

 

ホンダドリームで見積もり:オフ車かCB250Rか?」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 今後のバイクライフを真剣に考える:250cc単気筒のバイクか車検か | K.T Dogear+

  2. ピンバック: ホンダ CB250R:ライトウェイトシングルスポーツの血統とは? | K.T Dogear+

  3. ピンバック: ホンダ CRF250 ラリー:ラリーマシンCRF450 ラリーのレプリカ? | K.T Dogear+

  4. ピンバック: NC750S 2年6ヵ月点検!:ホンダドリーム藤井寺にて | K.T Dogear+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください