カワサキ Ninja 250SL・Z250SL:スーパーライトなシングルスプリンター

Pocket

最近、ホンダから販売された単気筒スポーツCB250Rのライバルといえば、2017年に生産終了となったカワサキ Ninja 250SLとZ250SLの2台です。同じカワサキの2気筒スポーツバイク、Ninja250とZ250との大きな違いは車重の軽さです。

250ccクラスに2種類のエンジンを投入してきたカワサキ

2008年のNinja250の販売開始以来、続いてホンダがCBR250Rを投入し、少し遅れて2014年からヤマハもYZF-R25を国内市場に投入してきました。250ccのいわゆる「クォータースポーツ」の流行は、アジアから日本に波及してきたのです。

同じ時期、カワサキが新たにシングルスポーツNinja 250SLを海外市場に投入し、2015年には国内販売することとなりました。ネイキッドバージョンのZ250SLは、2016年から国内販売され、250cc単気筒スポーツバイクのラインナップの強化が成されました。

普通に考えれば、並列2気筒のニンジャ250の方が最大出力37PS(最新モデル)と馬力の面で有利です。なぜ単気筒のシングルスポーツバイクを作ったか?これは、東南アジアにおけるバイクブームでシングルスポーツの良さを知っているユーザーが増えたためだと思います。

峠でのモタードバイクやシングルスポーツの、トルクフルなエンジンと軽量な車体による運動性の高さは体感してみると解ります。重くて馬力のあるマシンが持て余してしまうシチュエーションで、シングルスポーツバイクは水を得た魚のようにコーナーをクリアしていきます。

峠やサーキットを積極的に楽しみたい層向けの、初心者から玄人まで楽しめられるマシンとして投入されたのが、ニンジャ250SLとZ250SLというわけです。ちなみにSLとはスーパーライトの略のようで、コンセプトそのままのネーミングだと思います。

ニンジャ250SL・Z250SLの運動性能

出典 https://www.kawasaki-motors.com/ 画像はアイキャッチ画像を除いて全て公式ホームページより

ニンジャ250SL

Z250SL

ニンジャ250SLとZ250SLの最大の武器は、“軽さ”です。Z250SLは148kg、ニンジャ250SLは149kg(ABS付きは151kg)です。166kgの2気筒のニンジャ250よりも15kg軽いことになります(ABS付きSLで比較)。

軽さは、ブレーキングやコーナリングに余裕をもたらします。峠やサーキットでは、ニンジャ250SLの右に出るコーナリングマシンはありません。ニンジャ250SLのセパレートハンドルは低く、前傾もきつめです。Z250SLのバーハンドルもニンジャほどではないにしろスポーツ寄りとなっています。

これは、コーナリングをより楽しんでもらいたいという設計者からのメッセージだと思います。ニンジャ250(2気筒モデル)は、セパハンでありながらアップライトなポジションで、オールラウンドに楽しむタイプのバイクでした。

シングルスポーツのニンジャやZの方がポジションがきついということは、スポーツ走行を重視しているモデルだからです。そのために新設計のトレリスフレームを開発し、148~151kgの軽量な車体を目指したのです。


37mm径のテレスコピック式フロントフォークと、フロント100/80/R17、リア130/70/R17の細めのスポーツ向きのバイアスタイヤ(純正TT900)が軽快なハンドリングを実現しています。フロントブレーキは、2ピストンキャリパーで少し物足りないですが、軽量な車体なので効きは充分です。

特筆すべきは、1,330mmという短いホイールベースと、全長1,935mm、全幅685mm、全高1,075mmというコンパクトな車体です。

※Ninja 250SL スペック表

Ninja 250SL
最大出力 kW【PS】/rpm 21【29】/9,700
最大トルク N・m【kgf・m】/rpm 22【2.1】/8,200
車体サイズ mm 1,935×685×1,075
車両重量 kg ()はABSモデル 149(151)
燃料タンク容量 L 11
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン

 

エンジンは、オフロードモデルKLX250譲りの250cc水冷4ストローク単気筒DOHCです。最大出力は29PS、最大トルクは2.1kgf・mと単気筒ながらパワフルなエンジンです。レブリミットは、10,500rpmと高回転なシングルエンジンです。

車体が軽いので、これだけのパワーがあれば登りでもそこそこ走れるのではないでしょうか。本領発揮するのは、峠の下りのタイトコーナーだと思います。スペックを見る限り、2015年の時点では、KTM 250DUKEと並ぶコーナリングマシンでした。

ニンジャ 250SL・Z250SLは生産終了?現在は在庫車の販売のみ

Ninja 250SLとZ250SLは、平成28年度の排出ガス規制のため、2017年6月で生産終了しています。在庫車は販売しており、近所のカワサキでも新車が展示されていました(2018年8月時)。

定価はニンジャ 250SLが45万9,000円(税込み)、ABS付きのスペシャルディションが52万3,000円です。Z250SLは43万7,400円です。2気筒のニンジャ250よりも安く売られていることが多く、近所の店ではコミコミ45万円というプライスタグがニンジャ250SLのスペシャル・エディションに貼られていました。

新型のCB250Rも50万(ABSモデルは55万)円となっており、在庫車が安く買えるニンジャとZの方がお買い得といえます。足回りや装備はCBの方が豪華ですが、安いのはニンジャです。燃費は、WMTCモードでリッターあたり31.3kmを超えているので11Lタンクでも充分に航続距離があります。

最近、軽くて取り回しのいい単気筒マシンに注目しています。オフ車もいいですが、こういったロードモデルも熱いですね!

バイクの関連記事はこちら

ホンダ CB250R:ライトウェイトシングルスポーツの血統とは?

ホンダ CRF250 ラリー:ラリーマシンCRF450 ラリーのレプリカ?

ヤマハ セロー:どこでも走られるトレールバイク!

カワサキ Ninja 650とZ650は豪華装備のパラツイン!

 

 

カワサキ Ninja 250SL・Z250SL:スーパーライトなシングルスプリンター」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: ホンダ CB250R:ライトウェイトシングルスポーツの血統とは? | K.T Dogear+

  2. ピンバック: カワサキ Ninja 650とZ650は豪華装備のパラツイン! | K.T Dogear+

  3. ピンバック: カワサキ Ninja 1000:ツアラーの快適さとストファイの動力性能! | K.T Dogear+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください