ホンダ CRM250AR:ホンダの2スト250cc最後のバイク!

Pocket

2ストローク車はそのエンジンの構造上、4ストロークより、はるかに高い出力を誇っていました。しかし、排ガス規制が厳しくなり、現在は国内メーカーでは2スト車を生産していません。ホンダの最後の250cc2ストバイクCRM250ARは画期的な機構を持ったマシンでした。

CRM250ARのAR燃焼とは?

1990年代後半、年々厳しくなる排出ガス規制によって、2ストローク車を取り巻く環境が厳しくなっていきました。オートバイメーカーの旗手として、ホンダが1997年に販売開始したCRM250ARは、そんな状況を一変させるために開発されたデュアルパーパスバイクとして登場しました。

2ストは、ピストンが上昇するときに吸気をして混合気の圧縮をします。そして、ピストンが下降するときに排気を行います。この間クランク軸は1回転しています。

それに対して4ストは、吸気、圧縮、燃焼、排気をクランク軸が2回転する間に4回の行程(4サイクル)があります。

2ストは、このためにパワーは出やすいのですが、エンジンオイルを燃料と共に燃焼してしまうため、排気ガスの中にオイルが含まれることがあります。ですので、2スト車のチャンバーから出る白煙の中にはオイルが混ざっています。また不整燃焼によって、排気ガスのCO(一酸化炭素)やHC(炭化水素)が4ストよりも多いのです。

構造の単純さから、250ccまでの小排気量車には、用いられることの多いのは2ストでした。1990年代の後半までは、国内の小排気量の主流は2ストだったのです。

1997年に、販売されたCRM250ARは、2ストローク車の欠点を解消するための画期的なAR燃焼と呼ばれる機構を採用していました。4ストロークと比較して、行程の少ない2ストロークエンジンは、不完全燃焼が起こりやすいです。これは、シリンダー内のガス交換が不完全であるために起こります。


AR燃焼は、このシリンダー内の残留ガスと、新しい混合気を積極的にまぜて自然着火させています。つまり、2サイクル特有の自己着火現象(スパークプラグ以外の着火現象のこと)を積極的に誘発することで、低回転で起こりやすい不整燃焼を克服したのです。

これにより、従来の2ストエンジン車よりも32%の燃費向上と、HCを50%削減することに成功しました。

クリーンさだけじゃない?速かったCRM

出典 http://www.bikebros.co.jp/

CRM250ARは、クリーンな2ストローク車というだけではありません。114kgの車重と、40PSの最高出力により2ストロークのオフ車の中でも随一の速さを誇っていたのです。

またフロントには、倒立フォーク、リアにはストロークをアップさせたサスペンションを採用し、悪路走行に適した足回りを持っています。当時のライバルであるDT230ランツァや、KDX220SRや、DR250Sと比較してもCRM250ARの速さは抜き出ていました。

※CRM250AR スペック表

CRM250AR
最大出力 PS/rpm 40/8,000
最大トルク kg・m/rpm 4.0/6,500
車体サイズ mm 2,195×825×1,215
車両重量 kg 114
燃料タンク容量 L 11
使用燃料 レギュラー

CRM250ARの燃費は、10.15モードでリッターあたり36kmで、モデルチェンジ前のCRM250Rの27.3km/Lよりも大幅に改善されています。249cc水冷単気筒エンジンとして、これだけの高性能と環境性能を両立した、ホンダの技術陣の執念には脱帽です。

2ストローク時代の終焉

ホンダ NSR250R SE

完成度の高いCRMを世に出した後も、2スト車に対する世間の風当たりは強く、これ以上の開発、販売を続けることは困難でした。ホンダは、1999年に全ての2ストローク車の生産を終了しました

その中には、人気のあったホンダの2ストロークレプリカマシンNSR250Rも含まれていました。そして、画期的なAR燃焼システムを搭載したCRM250ARの生産終了によって、ホンダの輝かしい2ストローク軽2輪は、その長い歴史を終えたのです。

せっかく開発したAR燃焼のCRMを2年で生産終了された技術陣の気持ちは、さぞ無念だったでしょう。優れた技術による2ストローク最後の名車がCRM250ARなのです。

昔は、車検のない250ccのバイクでも400ccを凌駕するほどの性能を持ったマシンがあったのです。最近では、カワサキのH2シリーズのようにスーパーチャージャーを搭載したマシンが出てきています。ホンダにもそろそろ、CRMのようなぶっ飛んだマシンを作ってもらいたいものですね。

バイクの関連記事はこちら

ヤマハ DT230 LANZA(ランツァ):ヤマハ最後の軽2輪2ストオフローダー!

第34回 大阪モーターサイクルショー2018:その1 ホンダ編

ホンダ CRF250 ラリー:ラリーマシンCRF450 ラリーのレプリカ?

ヤマハ セロー:どこでも走られるトレールバイク!

ホンダ CRM250AR:ホンダの2スト250cc最後のバイク!」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 第34回 大阪モーターサイクルショー2018:その1 ホンダ編 | K.T Dogear+

  2. ピンバック: ホンダ CRF250 ラリー:ラリーマシンCRF450 ラリーのレプリカ? | K.T Dogear+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です