Rock名盤解説File7 A Day at The Races Queen

Pocket

今回のアルバムは、Queenの通算5作目にあたるアルバム、”A Day at The Races”です。クイーンはエアロスミス、キッスと合わせて当時の世界3大バンドと呼ばれていました。本作A Day at The Racesが発表されたのが1976年で、前作A Night at The Operaの翌年に発表されたアルバムです。

Queen 70年代の3大バンド!

名曲ボヘミアン・ラプソディを収録したオペラ座の夜は、クイーンの地位をようやく認めさせました。まごうことなき名盤なのですが、個人的には、この華麗なるレースの曲は粒ぞろいだと思っています。また、Queenでアナログ盤で所有しているのは、このA Day at The RacesとLive Killers だけですので、よけいに思い入れがあるのかもしれません。

1975年に発表された、A Night at The Operaの最後の手前の11曲目に収録されているボヘミアン・ラプソディは、革新的な名曲でした。その路線を継承し、対になる形のジャケットデザインの本作は、オペラ座の夜と比較しても遜色ない出来のアルバムです。

1曲目のTie Your Mother Downは、ギタリストのブライアン・メイが作曲したハードロック調の勢いのある曲で、クイーンのライブの定番曲になったほどの名曲です。後に発表されたNews Of The World(1977)では、有名なWe Will Rock Youや、We Are The Championsなどのある意味クイーンを代表する曲が収録されていましたが、このアルバムもそれに負けない曲があるのです。

6曲目のSomebody to Loveは、定番曲の一つです。この曲は、ボーカルのフレディ・マーキュリーの曲らしい、繊細且つ大胆な2面性を持った曲です。僕は、Tie Your Mother Downと、Somebody to Loveの2曲が大好きで、このアルバムを何回も聴きました。最近、レコードプレイヤーが無性に欲しくなったのは、もう一度アナログ盤でこの曲を聴きたくなったからでしょう。

日本向けに作られた名曲Teo Torriatte

クイーンは、イギリス本国の評論家に酷評されていたバンドでした。風当たりが強かった理由は、マーキュリースーツなど、クイーンの独特のスタイルにあったのかもしれません。しかし、早くから日本では人気が高く、日本でツアーするとスター扱いでした。

イギリス本国での評価がオペラ座の夜で覆ってからも、日本での厚遇を忘れていなかったクイーンのメンバーは、美しいフレーズの曲の歌詞の一部を日本語で書いたのです。作曲は、ブライアン・メイで、タイトルは「手をとりあって」です。フレディーの日本語は、うまくないですが、味があって泣かせます。

重要なアルバムの最後の10曲目に、日本語の曲です!もうこれだけで、このアルバムをフェイバリットにしてしまいます。曲も素晴らしく、感動的なラストを飾っています。

Good Old Fashioned Lover Boyなど、他にも佳作の多いアルバムですが、唯一残念なのが、裏名曲がないことです。例えば、The Game(1980)のSail Away Sweet Sisterはメイン・ボーカルをドラマーのロジャー・テイラーがやっている曲ですが、存在をあまり知られていないという意味での裏名曲の一つです。

華麗なるレース自体が、有名なので裏名曲が生まれにくいのかもしれませんが、1、6、10曲目に比肩しうる曲が他にないのが、このアルバムの残念なところです。ちなみに、ブライアン・メイがソロ時に使っているブースターは、ベースのジョン・ディーコンが制作したものです。

Rockの関連記事はこちら

Rock名盤解説 File19:Queen The Game

ストラトマスターといえばデヴィッド・ギルモア!

MUSE:UK ROCKの系譜

Rock名盤解説番外編:1970年代の音楽シーンとは?

Rock名盤解説 File9 : THE THE 【MIND BOMB】

Rock名盤解説File8 : Fool For The City Foghat

ロック名盤解説再開!File6 : PRESENCE LED ZEPPELIN

 

 

Rock名盤解説File7 A Day at The Races Queen」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: Rock名盤解説File8 : Fool For The City Foghat | K.T Dogear+

  2. ピンバック: Rock名盤解説 File9 : THE THE 【MIND BOMB】 | K.T Dogear+

  3. ピンバック: Rock名盤解説番外編:1970年代の音楽シーンとは? | K.T Dogear+

  4. ピンバック: ロック名盤解説再開!File6 : PRESENCE LED ZEPPELIN | K.T Dogear+

  5. ピンバック: Rock名盤解説:復活のいきさつ | K.T Dogear+

  6. ピンバック: Rock名盤解説 File19:Queen The Game | K.T Dogear+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です