シールドクリーナーでヘルメットをピカピカに!

Pocket

夏になるとやっかいなのが、虫と汗です。峠など走っていると、虫がよくぶつかってきます。そうなると汚れるのが、ヘルメットとシールド、梅雨の時期にヘルメットの整備をすることにしました。

シールドを外すのは意外と簡単?

僕のヘルメットは、SHOEI XR-1100です。以前のブログ記事に書いたのですが、2年前に購入してからちょくちょく整備はしていたのですが、最近少しさぼっていました。そうなるとヘルメット本体もですが、シールドが特に汚れるのです。そこで活躍するのが、シールドクリーナーです。

僕が使っているのは、タナックスのPIT GEAR SHIELD CLEANERという泡になるタイプのものです。SHOEIのヘルメットは、シールドを限界まで上げて左右のピンを押し下げるだけで、シールドがはずれるので、非常にラクです。さっそく、ピンロックシートをはずして、吹き付けてみます。泡状になるので、クロスで均等に拭いていきます。すると結構汚れが落ちていきます!

効果は抜群!

思った以上に綺麗になりました!ムラなく拭いていくには、慣れが必要ですが、力がしっかりかかると、汚れはちゃんと落ちます。個人的に気に入ったので、当分の間、ヘルメットのシールドの汚れは、このシールドクリーナーで清掃することにします。

バイク用品関連の記事はこちら

次期ヘルメットの下見?2りんかんのヘルメットセール!

GOLDWIN GSM16506 バイク用メッシュグローブ購入!

NC750Sのバイクカバーのサイズは?

 

 

 

シールドクリーナーでヘルメットをピカピカに!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: NC750Sのバイクカバーのサイズは? | K.T Dogear+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください